編集部員のコラムはじまりました。

更新日:2017/09/01

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

スキンケア大学をご覧のみなさん、はじめまして!スキンケア大学編集部のマツと申します。今日から週2回くらいのペースで、編集部のメンバーによるコラムがはじまります。

これまでスキンケア大学の編集部メンバー個人が表立って出てコンテンツに出てくることはほとんどありませんでしたが、うちのメンバーで何かネタ持ってそうだ…という、単純な理由から「とにかくやってみよう!」という流れで決まりました。

編集部では、スキンケア大学に掲載するための原稿を作り、監修していただく医師や専門家からの指摘をもらい、修正、確認をして…といった流れで記事を作っているのですが、これがなかなか難しい!今でこそ、そんなに驚くようなことは減ってきましたが、スキンケア大学編集部にやってきた当初は、毎日が事件だったような気がします。

たとえば、一般的に知られていたり、実践されているスキンケアが、医学的な観点からみるとNGなものがあったり、割りとみんなやっているようなことなのに、実はまったく根拠がなかった…なんてことがたくさんあるんです。そういった間違ったスキンケアと正しいスキンケアをみなさんに知ってもらうこともスキンケア大学の役割でもあるのですが、そのウラでは「先生、なんで洗顔しすぎはダメなんですか?」と、素人まる出しな質問を医師に投げかけたりもします。

ユーザーのみなさまからは応援のメッセージだけでなく、記事の内容についておしかりを受けることもあり、反省をすることもかなり多いです。スキンケア大学編集部は、まだまだ発展途上!もっと肌や美容の知識をつけて、みなさんの悩みを少しでも解決へ導くことができればと思います。

あ、ちなみに私、編集部マツは男です。いやいや、女性ユーザーがメインのスキンケア大学で、その編集部コラムの一発目が男かよ!っていう。いくら自由に書いていいといっても、いきなりは緊張するから、言い出しっぺが先に書け!という流れでこうなりました。

これを書いているとき、一瞬、女子になりきって書こうかという思いもよぎりましたが、そういうのはすぐにボロが出るのでやめました。ただ、最近は女性スタッフと美容やコスメの話とかをしていると、ふと「今の自分…オネエっぽかったかも」と思うことがあり、もしかしたら、そんな未来も待っているのかなあ、なんて感じる日々です。しばらくして妙に女子っぽくなったとしたら、その道を選んだ…ということでひとつお願いします(何をだ)。

そんなわけで編集部コラムの初回は以上です。ここでは医師や専門家が監修する記事とは違って、ちょっとゆるい感じでお届けしていくので、ちょっとした編集部員のぼやき程度に受けとってもらえれば幸いです。それにしても、他の編集部メンバーがどんなことを書くのか個人的に楽しみだなあ。

編集部マツ

他の「編集部コラム」の記事を読む

美ログ