まぶたのむくみが原因!?二重まぶたにする3つの方法

更新日:2017/09/27

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

何だかまぶたが重くキレイな二重にならない…。まぶたのむくむ原因は生活習慣と関係しているのをご存知でしたか?今回はメイク前にひと手間、美容整形ではなくキレイな二重まぶたに近づける方法をご紹介します。

(1)蒸しタオルでまぶたのむくみを取る方法

まぶたのむくみによって、本来二重だったものが一重の状態になってしまっている場合があります。そのような場合は、まぶたのむくみをとることで、二重に戻すことが可能です。

  1. 40℃前後に温めた蒸しタオルを5分間目(まぶた)の上に乗せます。
  2. 冷たい水で濡らしたタオルを1分間目(まぶた)の上に乗せます。
  3. これを2~3回くりかえします。

くり返し行うことによって血行がよくなり、まぶたのむくみ改善に繋がります。

(2)まぶたの腫れぼったさをとる指圧マッサージ

マッサージの効果を高めるために、マッサージ前にホットマスクをします。熱すぎない程度の蒸しタオルを用意し、目をつぶってタオルを乗せたら、そのまま3分ほど温めておきます。

1.眉下を上に向かってプッシュします。

眉下の骨の内側を、親指の横腹を引っ掛けるようにして、骨の際を刺激し、滞りを解消するように、顔の中心からから外側へ少しずつずらしながらプッシュしていきます。(計5回)

2.目の下をプッシュします。

目の下の骨に中指を引っ掛けるようにして、顔の中心ら外側へ少しずつ移動しながら、それぞれ約3秒ずつ優しく押していきます。皮膚が薄くて敏感な部位なので、中指か薬指でやさしい刺激にしてください。(計5回)

3.こめかみをプッシュします。

こめかみのあたりは人差し指と中指の指先で、グーっと押して離す、といった動作をくりかえします。このとき指先で円を描くように押しまわしてもよいです。各5秒程度くりかえして、鎖骨へ流してきます。(計5回)

(3)自分で二重のラインをくせづけする方法

二重のラインを作りたい部分を決め、そこを毎日アイプチのスティックなど細いものでなぞりましょう。まぶたの皮膚を傷めないように優しくなぞってください。線が付いたと思ったら、その線がくっきりとした跡になるように、上目遣いにするなどして目を見開きさらにラインを定着させていきます。

美容整形・アイプチ・二重マッサージのメリットとデメリットを徹底比較!

二重マッサージの注意点

一重まぶたと二重まぶたは基本的な構造が違うため、一重まぶたの人が、突然二重まぶたになることは難しいと考えられます。

それでも、非常にまれに一重まぶたが二重まぶたになることも有ります。本来、二重まぶたになる可能性のあったまぶたで、慢性的にまぶたがむくんでいたせいで一重になっていたのが、毎日まぶたのマッサージを正しくやり続けることで、まぶたのむくみが改善し、二重まぶたになったケースです。

ただし、肌の弱い人が毎日まぶたのマッサージを続けるとまぶたの皮膚が荒れてしまったり、逆に分厚いまぶたになってしまう場合もあるため注意が必要です。

参考記事

ドクターに聞く!自力で二重まぶたにする方法はある?

二重まぶたになる方法の種類と特徴、注意点

他の「スキンケア」の記事を読む

美ログ