クセ毛あるある話

更新日:2017/10/27

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(0)

10月に入ってから雨の日が多いですね。先週末に続いてこの週末も雨予報で、溜まった洗濯物の山がさらに成長しそうです。でも、一人暮らしなのでちっとも気になりません。そんなことよりも、こんなジメジメした日や季節になると、ふと思い出すんですよね。「クセ毛」の人たちのことを。

そもそも私がクセ毛です。今はもう諦めたというか、気にしていないのですが、昔は憎むくらいイヤでした。ただでさえうねっているのに、雨が降ったり、湿度が高いと余計に髪が余計にうねるわけですよ。どんなに頑張ってセットしても、湿気のせいで即崩壊。大げさに聞こえるかもしれないけど、クセ毛のせいで「誰にも会いたくない」とか「外に出たくない」という気持ちになるのは、よーくわかる。もし7つの玉を集めて龍が呼べるなら「まっすぐ伸びたサラサラヘアーにしてくれ」って願うのに…!と、真剣に考えてました。

今思えば、オシャレに興味を持ったり、楽しもうとした青春時代って、自分のクセ毛にふりまわされた気がする…。男なんだからさっぱりと短髪にしておけばいいのに、割と長めのヘアスタイルだったのは、90年代後半に男のロンゲブームが到来してたせいなのかも。

ストレートパーマかけるにしても、1万ウン千円もするので高校生には難しい話なので、テレビのCMで「クセ毛をまっすぐ伸ばすスプレー」なる商品を見かければ、おこづかいを握りしめてドラッグストアにかけこむ。「クセ毛を治すヘアブラシ」があると聞けば、親にねだってでも手に入れる…。で、そういうのって、満足できるものってないんですよね。ちなみに、クセ毛ケア関連の化粧品は、同じクセ毛の血を引く姉が買ってきたものをこっそり使ってました。何度か使ってるのがバレてケンカもしました。しかも使ったところで満足できない化粧品をめぐるクセ毛の同士の争い…むなしい。

最近の製品はわからないけど、昔のクセ毛ケア系のスプレーとかムースで満足できるものってなかったなあ。髪の毛にがっつり水分を含ませるような製品を使うと「常に風呂上りか!」ってくらい髪がしっとり。まっすぐに伸びるのはいいけど、それはそれで異様というか違和感がすごい。

お風呂上り後は、髪も水分をいっぱいふくんでいるからまっすぐ伸びてる感があって、そのときはちょっと気分がイイですよね。まあ、乾いたら元に戻るんだけど。

あぁ…クセ毛の話を書いたら止まらなくなりそうなので、今回はこのへんで。

編集部マツ

他の「編集部コラム」の記事を読む

美ログ