ビューラーでぶちっ!まつげが消える3つのNG習慣とケア方法

更新日:2017/10/31

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(1)

こんにちは!スキンケア大学編集部のまきのです。20代のOLがスキンケアのはてなを調べる、第5回は、「まつげ」についてです。

奥二重の私は自まつげが命。まつエクをしても埋まってしまうので、自分のまつげをどれだけあげて、どれだけ長くできるかで目の大きさが変わります…。

そんな私に今月起きた一大事。「まつげが消えた…」かなりショック。 それも旅行に行く朝にそんなことがあり、へこみました。読んでくださっている方にはこんな思いしてほしくないので…原因やケア方法を紹介します。

なんで私のまつげは消えちゃったの?まつげが消える3つのNG習慣

みなさんはビューラーを最後に買い替えたのはいつですか?私は覚えていません…

ゴムの部分をかえたのもいつのことやら。これがいけませんでした。

1.ビューラーのゴムの取り換えをこまめにしない

ゴムの中心にくっきり線が入っていたり、ゴム自体が切れている場合は、そのビューラーはまつげを切るために使っているようなもの。私が見たサイトでは、ただただ金属でまつげを挟んでいるだけなので、「まつげのギロチン状態…」なんて書かれていました。

ゴムがボロボロだったり、ビューラーが緩んでいると必要以上に強い力でまつげを挟んでしまうため、抜けたり切れる原因になってしまうんです。

ビューラーのゴムの部分は3か月に1回は交換することをおすすめします。

2.マスカラが落としきれていない

カールキープをするマスカラって、お湯落ちよりもウォータープルーフのマスカラの方がカールのもちがよいイメージありませんか?

私も夏頃からウォータープルーフのものを使用しています。

が…ちゃんと落とせていますか?落ちないからゴシゴシこする、落としきれずに放置することは、まつげにとって悪影響です。

専用のリムーバーが販売されているということはそれだけ、普通のメイク落としでは落ちないということ。

しっかりウォータープルーフマスカラ専用のリムーバーを使用しましょう。

3.PCやスマホの使い過ぎで目元が疲れている

PCやスマホの使い過ぎで、目元が疲れてしまうと、血行が悪くなってしまいます。目の下のくまができやすくなるように、まつげが生える育成環境もよくないということです。

目元のホットタオルまつげを伸ばすために効果的なマッサージをすることで、血行をよくしてまつげが伸びるようにセルフケアをしてみましょう。

まつげ美容液と合わせて行うとよいかもしれませんね♡

応急処置でまつエクをしたくても、付けるまつげがないから、やっぱり伸びるのを待つしかない…。しっかりケアして伸びるまで辛抱です。

伸びた気がする!なんかよいかも!と思ったケア方法があったら、またシェアしますね♡

みなさん、本当に気を付けてください(切実)

 

他の「編集部コラム」の記事を読む

美ログ