界面活性剤は悪者か?~超ウルトラ初級編~

更新日:2017/12/08

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

今、個人的に界面活性剤のことについて勉強中しているマツです。

界面活性剤って、肌に悪いんでしょ?とよく聞かれることがあって、ちゃんと答えられるようになるためにも、ちゃんと自分が理解しなくちゃいけないよなあ、と。

そんな自分も、スキンケア業界に入る前は「界面活性剤ってヤツが体に悪い」と思いこんでいたクチでした。

しかし、化粧品のことを学んでいくほど「思ってたのと違う!」ということが、たくさんあるわけでして、特に界面活性剤については、そもそも自分の知識レベルが低すぎたこともあり、今思うと赤っ恥ストーリーのひとつです。

まず、界面活性剤って洗剤や化粧品に限らず、身のまわりにたくさんあるということを知らなかった…。たとえば、マヨネーズやチーズ、アイスクリームなんかの食べ物にも界面活性剤は使われているんです。この事実を知るだけで、「なんで化粧品の界面活性剤が悪くて、他は放置なんだよっ!」という自分へのツッコミがとまりません。しかも肌に塗るものじゃなく、食べ物だよ。

まあね…ほら「界面活性剤」って名前がさ、何か人工的なニオイさせるでしょ。毒と言われてばそう聞こえる感!(ただの言い訳)

この界面活性剤を超簡単に説明すると、本来混じり合わない水と油を混ぜることができる成分、です。

コップに水を入れて、さらに油を入れると、水と油の層ができます。そこに界面活性剤を入れてグルグル混ぜると、層がなくなって水と油がきれいに混ざるという。添加物なの?いえ、違います…普通に自然界にも存在します。

個人的に衝撃を受けたのは、赤ちゃんが生まれて最初に口にする「母乳」にも界面活性剤は含まれているということ。これを知ったとき、界面活性剤について無知な自分の愚かさを身にしみましたよ。

だって、母乳っていったら自然であることに疑いようがない!そこにも界面活性剤が働いていたなんて、想像以上のナチュラルボーンだったぜ…界面活性剤。

そして、いつもみんなが使っている化粧品。これはもう何というか、界面活性剤がないと成立しないといっても過言ではない。界面活性剤があってこそ作れるものなんです。

今回の話はそろそろ終わりますが、何が言いたいのかというと、界面活性剤って悪者じゃないんだぜ…ということ。特に、以前の自分がそうだったように「界面活性剤=毒」というレベルでしか理解していない人向けに伝えたかったのです。(結構いると思ってる…)

界面活性剤について、もっと学んだら続きを書こうと思います!

編集部マツ

他の「編集部コラム」の記事を読む

美ログ