【Dior】東京・ギンザ シックスにて2017 春夏 オートクチュール コレクションを開催!

更新日:2017/04/20

日本にインスパイアされたルックにピーター・フィリップスが提案する桜のように淡く儚いメイクアップ

2017年4月19日(水)、世界最大級でアジア発のクチュールブティック「ハウス オブ ディオール ギンザ」オープンを記念し、
ギンザ シックス オープン前夜に2017 春夏 オートクチュール コレクションが開催されました。

マリア・グラツィア・キウリがジャルダン ジャポン(日本庭園)や桜をテーマに特別にデザインしたシルエットにあわせてディオール メイクアップ クリエイティブ & イメージディレクターのピーター・フィリップスが提案したのは桜のように、淡く儚いメイク アップ ルックです。

[画像1: https://prtimes.jp/i/14810/27/resize/d14810-27-825531-0.jpg ]

2017年4月19日(水)、世界最大級でアジア初のクチュールブティック「ハウス オブ ディオール
ギンザ」のオープンを記念し、ギンザ シックス オープン前夜に2017 春夏 オートクチュール コレクションが屋上を専有して開催されました。

ディオール ウィメンズ コレクション アーティスティック ディレクターのマリア・グラツィア・キウリが、ジャルダン・ジャポネ(日本庭園)や桜をテーマに特別にデザインした8つのシルエットも発表されました。

メイクアップを率いたのは、ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップス。内側からの静かな輝きを秘めたメイクが、迷宮をテーマにしたオートクチュール コレクションの世界を完璧に表現しています。

ピーター・フィリップスは、今回のメイクアップを下記のように語っています。

「このコレクションが醸し出す神秘的な雰囲気と魅力を掘り下げて生まれたメイクです。仮面舞踏会に足を踏み入れたようなイメージを大切にしました。スティーブン・ジョーンズがクリエイトしたマスクにもインスピレーションを得て、ポエティックな眼差しを完成させました。」

「ラファエル前派の絵のような美しさを、現代風に解釈した若い女性。やわらかな輝きと繊細な女性らしさを表現しました。」
[画像2: https://prtimes.jp/i/14810/27/resize/d14810-27-303985-1.jpg ]


使用アイテム:
ベースメイク
「フォーエヴァー ラインのベースとクッションで、フレッシュマットな肌を作り、眉骨、眉間、そして人中にルミナイザーをプラスして立体感を」
ディオールスキン フォーエヴァー&エヴァー ベース
ディオールスキン フォーエヴァー クッション
ディオールスキン ヌード エアー ルミナイザー 001( 2017年4月21日限定発売予定)
ディオール ブラッシュ 756、876

アイ
「マスカラは使用せず、まばゆいグリッターの輝きで淡い目元に仕上げました。頬骨からこめかみにかけて星空のようにグリッターをのせたり、強くしなやかなで意思のある女性像を表現するために、星のスパンコールを下まぶたや目頭に散りばめました。」
ディオールショウ モノ 826
ディオールショウ コール ライナー ウォータープルーフ 529( 2017年6月2日発売予定)

リップ
「スクラブ&バームで唇をなめらかに整えた後、ディオール アディクト ラッカー スティックをごく薄く。女性らしい、ナチュラルな口元が完成します。」
ディオール アディクト スクラブ&バーム
デイオール アディクト ラッカー スティック 550

ネイル
ディオールリス アブリコ 800
ディオール ジェル トップコート
[画像3: https://prtimes.jp/i/14810/27/resize/d14810-27-120461-2.jpg ]


PR TIMESプレスリリース詳細へ

企業名:パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社
配信時間:2017-04-20 14:20:36

他の記事を読む

美ログ