気になる

良くないことが起こりまくる!? 世にも恐ろしい『負のパワースポット』とは

更新日:2015/09/01

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(4)

パワースポットへ行く目的は人それぞれ。恋愛成就、学業や仕事の成就、健康祈願などなど…しかし、自分の目的にあったパワースポットへ行かないと、パワーをもらえないばかりか、あなたにとって負のパワースポットになってしまうこともあります。

また、行くのは避けるべき、誰にとっても負のパワースポットとなる危険な場所も存在します。気づかずに負のパワースポットに滞在してしまうと、その後の人生が大きく傾いてしまうきっかけになってしまうことも。事前に避けるべき場所を覚えておいて、速やかに避難できるようにしておきましょう。

行っちゃダメ!悪影響しかない負のパワースポット

負のパワースポットを見分けるポイントは、「水」です。水は万物の根源であり、地球の表面の約7割を覆っています。人間のカラダも60%は水分でできており、地球上の生物にとって欠かせない要素と言えます。

そんなわけで、水からは生のエネルギーが常に放出されています。水が清らかな場所はパワースポットになりやすい、というのを聞いたことがあると思いますが、逆もまた然りで、水が汚く濁っている場所は生命にとってマイナスになる負のエネルギーを発している可能性大です。

水たまりや溜池など、水が留まっている状態ならまだましですが、汚い水が流れているような場所はより危険。負の生命エネルギーが絶え間なく供給されているということですから、すぐにその場を避けましょう。もし自分の家の近くにそのような場所があれば、掃除をする、自治体に相談するなどの対策を講じる必要があるでしょう。

他の人にはいい場所が、自分にとっては負のパワースポットになることも

パワースポットには、それぞれ発しているエネルギーの種類があります。恋愛に効くパワースポットがあれば、健康に効くパワースポットもあり、自分の目的に合ったパワースポットに訪れないと意味がないばかりか、逆効果になってしまう可能性もあります。

例えば、好きな女性と結婚して、仕事をよりがんばるために、パワースポットにエネルギーをもらいに行こう、と考えたとします。ここで、恋愛に効くパワースポットに行ってしまったりすると、モテるエネルギーを受け取ってしまい、浮気、果てには離婚…と人生が間違った方向へ行ってしまうことも考えられるのです。

パワースポットへ行く際は事前にきちんとリサーチして、自分が今必要なパワーを受け取れる場所へ間違いなく訪れることが重要です。

おすすめのスキンケア講座記事

あなたにオススメのセルフチェック

TIPSジャンルを選択してください


美ログ