整形外科 とは?

整形外科は、人間の骨や関節、筋肉などの運動器官の治療を扱います。腰痛、膝痛、肩こりの症状を治療し、ほかにもスポーツによる怪我や障害を担当。病気や怪我を治療しながら、運動機能を従来のように回復させることも目的とします。

整形外科 が対象とする主な疾患

整形外科は運動器官を構成する骨や靭帯、筋肉、神経など、あらゆる組織の病気・外傷が担当分野です。対象とする部位は、脊髄をはじめ、肩から足指まで広範囲。先天性、外傷性、変形性、感染性などを扱い、新生児から高齢者までが対象年齢です。主に、腰痛、膝痛、肩こりの症状を治療し、ほかにもスポーツによる怪我や障害、「骨粗鬆症」などの症状を扱います。整形外科は、病気や怪我を治療するだけでなく、運動機能を従来のように回復させることも目的とします。また、「神経痛」や「リウマチ」など痛みを伴う疾患の治療も重要な仕事。痛みを止める注射『ブロック注射』や、痛みを防ぐ薬『薬物療法』で治療します。整形外科は、身体の表面や形を扱う形成外科と間違われこともあり、形成外科は主に身体の表面や形などが診療範囲。具体的には火傷などの傷、皮膚の病変で切除するもの、二重手術などを取り扱う美容外科などがあります。

整形外科 系医師一覧

その他診療科目

総合 記事ランキング

編集部のおすすめ記事