耳鼻咽喉科 とは?

耳鼻咽喉科の取り扱い部位としては、耳・鼻・喉、さらには喉から続く気官、気管支を担当します。代表的な症状としては、風邪、のどの痛み、花粉症、中耳炎、耳鳴り、副鼻腔炎(蓄膿症)、扁桃炎、味覚障害などです。

耳鼻咽喉科 が対象とする主な疾患

耳鼻咽喉科の取り扱い部位としては、耳・鼻・喉、さらには喉から続く気官、気管支を担当します。喉と鼻は繋がっているため、喉に異常を感じた時には鼻に何かしらの関係がある場合が多く、喉の痛みがとれない、鼻の調子が悪いと感じた時は、耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。また、聴覚・嗅覚・味覚など、生活していくうえで重要な感覚器のため、こちらの検査もおこなっています。代表的な症状としては、風邪、のどの痛み、花粉症、中耳炎、耳鳴り、副鼻腔炎(蓄膿症)、扁桃炎、味覚障害などを担当しています。
風邪の場合、内科を受診される方が多いかと思いますが、発熱による喉の痛み・炎症や、慢性的な鼻づまりなどに症状が及ぶ場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

耳鼻咽喉科 系医師一覧

その他診療科目

総合 記事ランキング

編集部のおすすめ記事