スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

キーワード 「とびひ」 の関連記事

  1. 1
    大人のとびひの原因・症状と薬での治療
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    大人のとびひの原因・症状と薬での治療

    とびひは、子供がかかることが多いと思われがちですが、実は大人でもとびひを発症することがあります。人にうつる可能性もあるので、まずは医療機関を受診しましょう。ここでは、大人のとびひについてドクター監修の記事で解説します。

  2. 2
    とびひってうつる?とびひの感染経路とは
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    とびひってうつる?とびひの感染経路とは

    とびひという名称は、水疱や膿胞が火の粉のようにさまざまな部位に「飛び火」することから名づけられました。正式には、伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいます。ここでは、とびひはうつるのかドクター監修の記事で解説します。

  3. 3
    子供のとびひ!保育園の登園はいつから大丈夫?
    向田公美子 先生

    向田公美子 先生

    子供のとびひ!保育園の登園はいつから大丈夫?

    子供がとびひ(伝染性膿痂疹)になってしまったら、幼稚園や保育園、学校は必ず休ませなければいけないのでしょうか。プールやお風呂には入ってもいいのでしょうか。ドクター監修のもと日常生活のよくある疑問に答えます。

  4. 大人にうつる?とびひ(伝染性膿痂疹)の原因と予防方法
    向田公美子 先生

    向田公美子 先生

    大人にうつる?とびひ(伝染性膿痂疹)の原因と予防方法

    とびひ(伝染性膿痂疹)は年齢に関係なく子供から大人まで発症します。ウイルス性疾患と違って感染による免疫ができないので何度も感染する可能性があります。大人に感染するかについてドクター監修のもと確認します。

  5. とびひ(伝染性膿痂疹)の治療と薬の種類
    青山秀和 先生

    青山秀和 先生

    とびひ(伝染性膿痂疹)の治療と薬の種類

    とびひ(伝染性膿痂疹)は大きく水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の2つに分けられ、それぞれ治療法が異なってきます。種類別に治療法や用いられる薬をドクター監修の記事で解説します。

  6. とびひって何?どのような状態?
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    とびひって何?どのような状態?

    とびひは、皮膚症状をともなう病気です。掻くことで、またたく間に全身へと広がるため、正しい対処法を知っておくことが大切です。ここでは、とびひとはどのような状態なのか、原因や治療法などを含めてドクター監修の記事で解説します。

  7. とびひの症状を悪化させないためのホームケア
    向田公美子 先生

    向田公美子 先生

    とびひの症状を悪化させないためのホームケア

    とびひ(伝染性膿痂疹)は急速に症状が広がるので、悪化しないよう早めの対策が大切です。こちらでは、ドクター監修のもと、とびひが悪化してしまう原因と、適切なホームケアについて解説します。

  8. とびひの治療薬|症状と皮膚科でのケアについて
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    とびひの治療薬|症状と皮膚科でのケアについて

    とびひは、掻いたりするとどんどん広がってしまうため、早期に治療を開始する必要があります。早めに病院を受診し、適切な治療を受けましょう。ここでは、とびひの治療薬や検査についてドクター監修の記事で解説します。

  9. とびひ(伝染性膿痂疹)の原因と治療・予防法について
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    とびひ(伝染性膿痂疹)の原因と治療・予防法について

    とびひの原因菌は、とびひの種類で異なります。原因菌に対して有効とされる治療薬を使用します。原因菌について自分で判断はできないので、医療機関を受診しましょう。ここでは、とびひの原因についてドクター監修の記事で解説します。

  10. とびひ(伝染性膿痂疹)の治療法ととびひに似ている皮膚疾患
    コッツフォード 良枝 先生

    コッツフォード 良枝 先生

    とびひ(伝染性膿痂疹)の治療法ととびひに似ている皮膚疾患

    とびひは、健康な人にうつる心配はないとされていますが、重症化すると重篤な状態に陥る危険があるため、早期に治療を開始しなければなりません。ここでは、とびひの治療法や再発の心配などについてドクター監修の記事で解説します。