スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

キーワード 「乾燥」 の関連記事

  1. 1
    ザラつき・ゴワつきは汚れじゃなかった!?化粧水から始めるすべすべ美肌ケア
    スキンケア大学編集部

    スキンケア大学編集部

    ザラつき・ゴワつきは汚れじゃなかった!?化粧水から始めるすべすべ美肌ケア

    ザラつき・ゴワつきの原因は乾燥して厚くなった角層。角層をほぐして肌内部まで潤してくれる化粧水の選び方や、おすすめの化粧水をご紹介します。時間が経っても乾燥知らずの、しっとりすべすべ肌を目指しましょう!

  2. 2
    乾燥肌におすすめの洗顔料5選!肌をしっかり保湿するための洗顔方法
    山本朱美

    山本朱美

    乾燥肌におすすめの洗顔料5選!肌をしっかり保湿するための洗顔方法

    「乾燥肌に合う洗顔料を探している」「肌に優しいだけではなく、毛穴や黒ずみをケアしてくれると洗顔料は?」市販の洗顔料は、石けんやフォームなど種類が豊富。どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。美容ライターの山本朱美さんが、乾燥肌におすすめしたい洗顔料をご紹介します。

  3. 3
    顔が乾燥してヒリヒリ痛いときの対処と改善方法
    江波戸恵美

    江波戸恵美

    顔が乾燥してヒリヒリ痛いときの対処と改善方法

    肌が乾燥してヒリヒリ、ピリピリ…。常に痛みを感じるケースや、化粧品をつけるとヒリヒリする場合などさまざま。原因と対処法を知って、正しいケアで肌をいたわってあげましょう。美容家がおすすめする保湿化粧品も紹介します。

  4. 肌の乾燥に効く食べ物と控えたい食べ物
    稲葉岳也 先生

    稲葉岳也 先生

    肌の乾燥に効く食べ物と控えたい食べ物

    くりかえす肌の乾燥は、メイクでのカバーやスキンケアだけではなく、食事で改善していきましょう。こちらでは、ドクター監修のもと、乾燥を防ぐことが期待できる栄養素について解説しています。体の内側からの乾燥対策を始めましょう。

  5. 乾燥肌の方は注意したい「乾燥ニキビ」とは?
    青山秀和 先生

    青山秀和 先生

    乾燥肌の方は注意したい「乾燥ニキビ」とは?

    ニキビは脂性肌の方に多いイメージがありますが、乾燥肌の方にもできます。ニキビはもともと水分不足からきているため、乾燥肌でも起こり得るのです。ここではドクター監修の記事で、乾燥ニキビについて解説します。

  6. 年代別によるスキンケアの違い
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    年代別によるスキンケアの違い

    年齢とともに肌の新陳代謝も皮脂の分泌量も変化するため、年代ごとにスキンケアの方法は変わってきます。その違いやポイントを解説します

  7. 乾燥しているのにニキビができるメカニズムとは
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    乾燥しているのにニキビができるメカニズムとは

    冬は肌が乾燥しがちになるため、ニキビができにくいと思っている方も多いようですが、肌が乾燥していてもニキビができてしまうこともあります。ここでは、乾燥でできるニキビの特徴や治療法について、ドクター監修のもと解説します。

  8. お肌の保水力を高める効果的な方法
    岩澤陽子

    岩澤陽子

    お肌の保水力を高める効果的な方法

    これから始まるお肌の乾燥注意報。保水力を高めるケアを心がけましょう。乳液の効果的な使用方法や、何気なくケアしている産毛のことを理解して、これからの季節を"うる肌"で乗り越えましょう。

  9. 乾燥によるたるみ毛穴の正しい対処法・保湿法
    出口正巳 先生

    出口正巳 先生

    乾燥によるたるみ毛穴の正しい対処法・保湿法

    乾燥は肌の大敵といわれており、多くの女性が悩む「たるみ毛穴」の原因でもあります。そこで、乾燥が肌をたるませてしまう仕組みや、それにより生じたたるみ毛穴のケア方法をドクター監修のもと詳しく解説します。

  10. 乾燥肌の化粧品選び(2)洗顔料
    吉澤智子 先生

    吉澤智子 先生

    乾燥肌の化粧品選び(2)洗顔料

    肌の水分保持力は角質層の細胞間脂質(セラミドなど)などがカギ。洗浄力の強い洗顔料は、角質層の保湿成分まで洗い流してしまいます。ここではドクター監修の記事で、乾燥肌の化粧品の選び方のうち、洗顔料について解説します。

  11. 乾燥肌は、保湿美容液で徹底保湿を!
    赤須玲子 先生

    赤須玲子 先生

    乾燥肌は、保湿美容液で徹底保湿を!

    乾燥肌の方はきっと、保湿化粧水の大切さをよくご存じでしょう。しかし、確実に保湿を行うなら化粧水に加えて、美容液も重要なことをご存知でしたか?ドクター監修のもと、保湿美容液を使った乾燥肌の方向けの徹底保湿法をご紹介します。

  12. 大至急!皮むけ乾燥状態を改善する方法
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    大至急!皮むけ乾燥状態を改善する方法

    肌が乾燥すると、化粧のりも悪くなります。その最たる例が「皮むけ」した状態といえます。皮むけしたままでキレイに化粧することはできません。こちらでは、そんな緊急時に、少しでも状態を改善させる方法をいくつかご紹介しています。

  13. 【専門家監修】突然の肌不調…d プログラムの集中ケアでうるおう美肌に
    馬場さおり

    馬場さおり

    【専門家監修】突然の肌不調…d プログラムの集中ケアでうるおう美肌に

    急に訪れる肌のピンチ!トラブルが現れたときの肌は、正しいスキンケアを必要としています。ハリと美白を育むd プログラム「バイタルソリューション」でスペシャルケアをプラスして、弾むような肌へと導きましょう。

  14. 乾燥や湿気に打ち勝つ!春夏の優秀ヘアスタイリング剤
    加藤智一

    加藤智一

    乾燥や湿気に打ち勝つ!春夏の優秀ヘアスタイリング剤

    悪天候にもめげないスタイリング剤として、ぜひ活用してほしいのが、ヘアトリートメントとスタイリングの両方ができる最新のヘアケア。悪天候から髪を守るためには、1.毛髪の保湿ケア、2.ぱさつきやうねりを抑えるスタイリング効果の双方が必要ですが、ここにピックアップした2点は、その双方をクリアしている秀作です。

  15. 化粧水を増やしてもダメ!肌を乾燥から守る正しい方法とは?
    茂田正和

    茂田正和

    化粧水を増やしてもダメ!肌を乾燥から守る正しい方法とは?

    お肌が乾燥したら化粧品を変えたり、追加すればいいと思っていませんか?実はそのケア方法は間違いです。ここでは、高保湿成分セラミドやお肌の保湿のメカニズムについての説明と、本当にやるべきケア方法を紹介します。

  16. ファンデの粉ふきを抑える!しっとりベースメークのコツ
    スキンケア大学編集部

    スキンケア大学編集部

    ファンデの粉ふきを抑える!しっとりベースメークのコツ

    乾燥の厳しい季節。ファンデーションをつけた瞬間に粉が吹いてしまい、余計にお肌が汚く見えてしまう……なんてことがあります。 ベースメークをしっとりキレイに見せるには、いくつかコツがあります。簡単にできるポイントをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

  17. 今年こそ「脱、乾燥肌!!」
    茂田正和

    茂田正和

    今年こそ「脱、乾燥肌!!」

    どんなに保湿ケアをしても乾燥肌が解消されないという話しもよく聞きますが、それは正しい保湿の仕組みを理解していないからかも知れません。今回は、乾燥がお肌に悪い理由と、正しい保湿についてお伝えしたいと思います。

  18. 肌トラブルや老化現象を引き起こす「乾燥」
    川端愛子 先生

    川端愛子 先生

    肌トラブルや老化現象を引き起こす「乾燥」

    乾燥している肌は、実年齢よりも上に見られてしまう可能性が大!放っておくと、シミ、シワ、くすみ、ハリ不足が促進されてしまいます。ドクターが監修している記事で、乾燥してしまう原因やそれに伴うトラブルについて解説します。

  19. 残暑から秋にかけての時期は肌の乾燥にご注意を!
    青山秀和 先生

    青山秀和 先生

    残暑から秋にかけての時期は肌の乾燥にご注意を!

    夏の終わりから秋にかけて、まだまだ気温は高く汗をかく日もあります。しかし、湿度が低くなるため、汗をかいても蒸発しやすいため、肌の乾燥を招きやすくなります。冬が来る前にしっかりと保湿をして肌のバリヤ機能をキープしておきましょう。

  20. 加湿器は最高の美容液?加湿器で叶える、うるおい肌大作戦!
    茂田正和

    茂田正和

    加湿器は最高の美容液?加湿器で叶える、うるおい肌大作戦!

    いくら化粧品で保湿しても、なかなか解消しない乾燥肌。でも、実は加湿器で部屋の湿度管理をすることで、意外と簡単に解消できてしまうかもしれません。

  21. 秋の洗顔の決め手は温度!
    平賀さやか

    平賀さやか

    秋の洗顔の決め手は温度!

    洗顔のお湯の温度のおすすめは32度。秋は洗顔時のお湯の温度が上がりやすく乾燥肌の原因にもなっている

  22. 油断しているとカサカサ肌に!冬にすべき”奥の手”保湿スキンケア
    茂田正和

    茂田正和

    油断しているとカサカサ肌に!冬にすべき”奥の手”保湿スキンケア

    いくら化粧品で保湿をしても、なかなか解消しない乾燥肌。その乾燥肌の悩み、実は「グリセリン」が助けてくれるかも?ワセリンとグリセリンの違いを解説しながら、グリセリンの持つ保湿パワーをご紹介します。

  23. 美肌を遠ざけていた犯人は冷え性?冷えと乾燥肌の密な関係とは
    茂田正和

    茂田正和

    美肌を遠ざけていた犯人は冷え性?冷えと乾燥肌の密な関係とは

    冷え性を抱える人のほとんどが、実は乾燥肌で悩んでいるそうです。一見関係なさそうな、冷え性と乾燥肌ですが、実は密接なつながりがあります。

  24. 冬の肌の大敵は乾燥!ダメージ肌のメンテナンス術
    谷口由紀 先生

    谷口由紀 先生

    冬の肌の大敵は乾燥!ダメージ肌のメンテナンス術

    年がら年中、肌には敵が存在します。冬の場合、それは乾燥です。もちろん乾燥が肌に悪いことは知っていると思いますが、なぜ肌に悪いのか”を知っていますか?

  25. 怖くなんかない!ビタミン補給でエアコンの乾燥に勝つ
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    怖くなんかない!ビタミン補給でエアコンの乾燥に勝つ

    みるみるうちに私たちの肌を干ばつ状態にする夏のエアコン。その乾燥力は凄まじいものです。こんな季節だからこそ、乾燥肌を防ぐビタミン補給をプラスして、本気で乾燥対策しませんか?化粧水ミストや加湿器と合わせて威力を発揮しますよ!

  26. 実は乾燥しやすい!夏のニキビ肌にこそ保湿を
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    実は乾燥しやすい!夏のニキビ肌にこそ保湿を

    紫外線や冷房の影響で、夏の肌って実は乾燥しているんです。乾燥すると角質が硬くなって毛穴が開きにくくなり、排出されない皮脂を元に、アクネ菌が増殖!ニキビができてしまいます。ニキビができないためにも、跡を残さないためにも保湿は必須ですよ。

  27. 寒さと乾燥に負けない!冬のスキンケア
    谷祐子 先生

    谷祐子 先生

    寒さと乾燥に負けない!冬のスキンケア

    冬は乾燥でお肌がごわごわしてしまうため水分の吸収はあまりよくありません。かといって、こってりした保湿クリームだけではべたべたした感じがするし…。こんなときは化粧水、美容液、クリームを手で温めて混ぜて使ってみましょう。

  28. 肌がカサカサで困ったときはセラミドをプラスせよ
    スキンケア大学編集部

    スキンケア大学編集部

    肌がカサカサで困ったときはセラミドをプラスせよ

    セラミドが不足すると水分や油分をキープする力が弱まり、乾燥して水分が蒸散しうるおいのないカサカサ肌になってしまいます。みずみずしく潤っていて、ハリも弾力も十分にある肌を手に入れたいなら、セラミドが含まれた基礎化粧品がおすすめです。

  29. 乾燥から身を守る頭皮ケア~髪を洗うのは、数日に1回のペースでOK!
    スキンケア大学編集部

    スキンケア大学編集部

    乾燥から身を守る頭皮ケア~髪を洗うのは、数日に1回のペースでOK!

    シャンプーの回数を減らすこと。 なぜなら多くのシャンプーに含まれている合成界面活性剤が頭皮のタンパク質を溶かしてしまい、乾燥を促してしまうからです。 また、トリートメントにはポリマー、シリコンなどが髪をさらさらにするために含まれていますが、これらの成分は被膜効果があるために、頭皮の毛穴まで覆ってしまい、皮膚の新陳代謝を妨げてしまうそうなのです。