スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

キーワード 「水いぼ」 の関連記事

  1. 1
    子供に水いぼの治療は必要?主な治療方法とは
    東幸助 先生

    東幸助 先生

    子供に水いぼの治療は必要?主な治療方法とは

    プールの季節になると、水いぼ治療にたくさんの子供たちが皮膚科に訪れます。水いぼの治療には、治療をしないことも含めていくつかの選択肢があります。ここでは、水いぼを効果的に治す治療について、ドクター監修のもと解説します。

  2. 2
    大人の水いぼの特徴とは
    阪田和明 先生

    阪田和明 先生

    大人の水いぼの特徴とは

    水いぼとは、ウイルス感染で起こるいぼのことをいいます。抵抗力の弱い7歳以下の子供に多いとされていますが、大人もなり得ることがあります。ここでは大人の水いぼについてドクター監修の記事でお届けします。

  3. 3
    水いぼはかゆい?かゆみがあらわれたときの対処法
    稲葉岳也 先生

    稲葉岳也 先生

    水いぼはかゆい?かゆみがあらわれたときの対処法

    通常の水いぼは、痛くもかゆくもないものですが、場合によっては、かゆみをともなうことがあります。ここでは、水いぼのかゆみに関して、どのようなことに注意が必要なのか、ドクター監修の記事で解説します。

  4. 水いぼはどうやってうつる?気になる感染経路は
    阪田和明 先生

    阪田和明 先生

    水いぼはどうやってうつる?気になる感染経路は

    水いぼは、ウイルスが原因で発症するため、人にうつる可能性があります。水いぼの発症は、集団活動の機会が増えた小さな子供に多いことが特徴です。ここでは、水いぼの感染経路や治療法などについて、ドクター監修の記事で解説します。

  5. 顔にできる水いぼの原因と治療・対処方法
    阪田和明 先生

    阪田和明 先生

    顔にできる水いぼの原因と治療・対処方法

    水いぼは、感染者と同じタオルで顔を拭くことで顔にできることもあります。顔にできると、見た目が気になって精神的に苦痛を感じる可能性もあります。顔にできてしまった水いぼの対処法について、ドクター監修のもと解説します。

  6. 子供が発症しやすい水いぼの原因
    大久保真 先生

    大久保真 先生

    子供が発症しやすい水いぼの原因

    毎年、夏場になると流行する水いぼ。10歳未満の子どもに多く、学校のプールなどで感染が広がるといわれています。ドクター監修のもと、水いぼの特徴や原因、感染経路、予防法について解説します。

  7. 水いぼの子供はプールNG?感染対策と治療法
    稲葉岳也 先生

    稲葉岳也 先生

    水いぼの子供はプールNG?感染対策と治療法

    子供にあらわれることが多いといわれている水いぼは、感染すると考えられています。水いぼがあらわれているときは、プールに入ってもよいのかということを含め、水いぼの感染についてドクター監修の記事で解説します。

  8. 水いぼが発症しやすい場所と特徴
    東幸助 先生

    東幸助 先生

    水いぼが発症しやすい場所と特徴

    子供が発症しやすい皮膚疾患として知られる水いぼは、接触などによって全身に広がってしまうこともあります。水いぼができやすい部位や感染部位が広がってしまう理由などについて、ドクター監修の記事でお伝えします。

  9. 水いぼ(伝染性軟属腫)とは?プールで感染する原因と症状・治療方法
    大澤一弘 先生

    大澤一弘 先生

    水いぼ(伝染性軟属腫)とは?プールで感染する原因と症状・治療方法

    水いぼ(伝染性軟属腫)は、幼児から学童期によくみられる皮膚の病気です。接触感染が原因で、1mmから5mm程度の半球状の光沢のある隆起物が全身のどこにでも現れます。ドクター監修のもと水いぼの原因や経過、治療を確認します。

  10. 水いぼを発症する原因と感染経路
    東幸助 先生

    東幸助 先生

    水いぼを発症する原因と感染経路

    プールなどで感染しやすい水いぼは、ウイルス感染による皮膚疾患です。水いぼの原因や感染経路、他の人に感染させないために気をつけておきたいポイントなどについて、ドクター監修の記事でお伝えします。

  11. 子供によく見られる水いぼの原因と感染経路
    大澤一弘 先生

    大澤一弘 先生

    子供によく見られる水いぼの原因と感染経路

    水いぼは、軟属腫ウイルスが原因であり、皮膚に直接ウイルスが触れることによって感染します。水いぼのでき方や広がり方、感染しないために注意すべきこと、主な治療法などをドクター監修の記事で解説します。

  12. 子供に多い水いぼ(伝染性軟属腫)の症状と対処方法
    厚田幸子 先生

    厚田幸子 先生

    子供に多い水いぼ(伝染性軟属腫)の症状と対処方法

    夏のプールが始まると流行しやすいのが水いぼです。水いぼは、幼児から小学生の間でよく発症する皮膚の病気です。なぜ水いぼができるのか、できたときにはどう対処したらいいのかなど、ドクター監修のもと解説します。

  13. 水いぼの発生しやすい場所や症状の特徴
    大久保真 先生

    大久保真 先生

    水いぼの発生しやすい場所や症状の特徴

    水いぼは、体幹部や手足の柔らかいところにできやすい傾向があります。また、皮膚どうしが擦れたり、掻いてしまったりすることで全身に広がる場合も。ここでは、ドクター監修のもと、水いぼのできる場所や症状の特徴について説明します。

  14. 水いぼ(伝染性軟属腫)の症状と原因、治療方法
    東幸助 先生

    東幸助 先生

    水いぼ(伝染性軟属腫)の症状と原因、治療方法

    子供に多い病気として知られる水いぼは、伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)ウイルスが原因で起こる感染性の皮膚疾患です。水いぼの原因や症状、感染経路や治療法などについて、ドクター監修の記事で解説します。