こんなところにもビタミンCが!?ジャガイモの美容効果

大嶋喜子

この記事の監修者

スキンケア大学編集部

大嶋喜子

ビタミンCは、ジャガイモにも含まれています

コラーゲン生成を促したり、活性酸素除去のサポートをしたり、シミにアプローチしたりと、美容と健康には欠かせない“ビタミンC”。レモンをはじめとする柑橘類、いちご、キウイ、アセロラなどに多く含まれていることは有名ですが、意外な食材にもたっぷり含まれています。

その食材とは“ジャガイモ”。みずみずしいものに多く含まれているイメージが強いビタミンCですが、実はジャガイモにも豊富に含まれているのです。

調理しても壊れにくいビタミンC

ジャガイモの主成分はでんぷんですが、ビタミンC、ビタミンB1、カリウムなどもたっぷりとふくまれているんです。

しかもジャガイモのビタミンCは壊れにくいのがポイント。他の野菜類に含まれているビタミンCは加熱調理によってほとんど壊れてしまうのですが、ジャガイモのビタミンCはでんぷん質に守られて変性しにくいのです。

イモ類は穀物になるので、「カロリーが高めなのでは?」というイメージがあるものの、ジャガイモはその中でも比較的カロリーは控えめ。これなら安心して献立にジャガイモを使ったメニューを加えられますね。

高血圧予防や腸内環境を整える効果も

ビタミンC以外にも腸内環境を整える食物繊維、摂りすぎたナトリウムを体の外に排出させてくれる働きのあるカリウムが含まれているので、男女問わず取り入れたい食材。

ちなみにこのカリウムは血圧の上昇を抑える働きも期待できるため、高血圧を予防したい人にもおすすめです。日本食は塩分の摂取量が多くなりがちなので、この効果はうれしいですよね。ただし、あくまで炭水化物なので食べすぎには注意しましょう。

他のTIPSも読む

あなたにオススメのセルフチェック

今週のピックアップレシピ

特集

レシピを探す

美肌レシピ