20代からわかる!?認知症リスクチェック

国際アルツハイマー病協会が2010年に発表した『World Alzheimer Report 2010』によると、認知症のケアにかかるコストは世界のGDPの1%に相当し、年々増加しているそうです。患者数が増えることで「家族や周囲の人に負担をかけたくない」というのは誰もが願うことですが、コストだけでなく、世話をする負担もあります。近年の研究では、若い頃からの生活スタイルや生活習慣などが認知症の発症に大きく影響していることが分かっています。ぜひ一度、認知症リスクに繋がりやすい生活をしていないか、チェックしてみましょう!

※このセルフチェックは、スキンケア大学独自の見解であり、症状の診断や保証をするものではありません。あくまで参考程度に留めておいてください。