性犯罪危険度チェック

2013年の「犯罪統計資料」によると、窃盗犯や殺人、強盗などは減少傾向が続いていますが、一方で強姦や強制わいせつは近年増加傾向にあります。特に、強制わいせつは平成元年の2,759件から平成25年には7,672件と2倍以上の被害がでています。他にも痴漢や盗撮、セクシャルハラスメント、ストーカー被害といった性犯罪は被害者に身体的被害だけでなく、精神的な被害ももたらします。自分は大丈夫だと油断していませんか?性犯罪に巻き込まれる危険度をチェックしてみましょう。

※このセルフチェックは、スキンケア大学独自の見解であり、症状の診断や保証をするものではありません。あくまで参考程度に留めておいてください。