ウェルネスアドバイザーミホコさんが考えるキヌアレシピ [PR]

食べることを楽しみ、そして健康的にキレイにこだわる人が集まる美カフェ部

ウェルネスアドバイザーミホコさんが考えるキヌアレシピ

ウェルネスアドバイザー エンズルード・ミホコ

米国から日本へ、最新のヘルスケアやフードのトレンド情報を発信してくれているエンズルード・ミホコさん。その洗練されたレシピのセンスにも多くのファンがいらっしゃいます。今回は、エンズルード・ミホコさんのこだわりや、よく使っているキヌアのレシピを紹介していただきました。キヌアが気になっている方には、ぜひトライしていただきたいと思います!

米国を拠点に女性の美しいボディ作りをサポート

現在は、米国を拠点にウェルネスアドバイザーとして30代以上の女性の方へ「カラダのトータルバランスを整えるダイエットプログラム」を指南するほか、企業のレシピ開発やファスティング教室の主宰、雑誌やウェブのライターとしての執筆活動まで幅広く行っています。

これからも、心とカラダをしなやかに、そして自分らしく美しいボディ作りをサポートするため、さらなる活動を精力的に広げていきたいと考えています。

自然発酵でつくる自分だけの調味料

仕事柄、調味料にはこだわっているので、いろいろなものを集めています。
最近は、自分で作る調味料がお気に入りで、庭のりんごを発酵させたアップルヴィネガーやパイナップルヴィネガー、無農薬、遺伝子非組換大豆を使った味噌、たまり醤油、テンペなどを自然発酵させています。

アメリカでの味噌作りにはあまり自信がなかったのですが、陶芸家でもありオーガニックファームで働くアメリカ人の友人が、漬物鉢を焼き、その鉢で味噌や醤油を作っているのに影響を受け、自分でも作るようになりました。
同じ材料でも気温や湿度、発酵時間によってまったく違う味になるため、科学の実験のように面白くてはまっています。

My Favorite「キヌア」

最近、必ずといってよいほどキッチンに常備しているお気に入りの食材が“キヌア”です。 キヌアは、アメリカのヘルスコンシャスな女性たちに受け入れられているスーパーフードのひとつで、女性に不足しがちな必須アミノ酸、ビタミン、ビネラル、食物繊維が豊富で、NASAが「理想的な宇宙食で、21世紀の地球上生物の主食になる」と認めるほどなのです。

味にクセがなく、プチプチとした食感が食べやすいので、どんな食材とも相性がよいのでオススメです。自家製味噌とお酢でドレッシングを作り、キヌアとブロッコリー、トマト、アボカド、コリアンダーと合わせるだけで、あっという間に抗酸化力の高い、美肌サラダの完成です。

私は、よくこのサラダを主食として食べていますが、キヌアは料理としてだけでなく、ヘルシーなスイーツとしても楽しめます。今回は、キヌアをたっぷり使ったチョコボールのレシピをご紹介します。

食べる程きれいになれるスーパービューティースイーツとして、もちろんダイエット中でも罪悪感なく食べられるのでオススメです。

キヌアのチョコボール

材料

  • ・茹でたキヌア 1カップ
  • ・ココナッツオイル30cc
  • ローカカオパウダー 15g
  • アーモンドミルク30cc
  • ローハニー 45g
  • アーモンドバター 30g
  • ・ココナッツフレーク 15g+適量
  • ・バニラエクストラクト 小さじ1/4
  • ・シーソルト小さじ 1/16
  • ・クルミ 15g

作り方

  • 1. ボウルにココナッツオイルを入れ、湯煎にかけ溶かしておく。
  • 2. 1のボウルにの材料を加えよく混ぜ合わせる。
  • 3. 2のボウルに、残りの材料も加え全体を良く混ぜ合わせる。
  • 4. 3の生地を冷蔵庫で10分休ませた後、生地をひとつずつ手で丸め、上からココナッツフレークをちらし、再度冷蔵庫で1時間ほど冷やし固めれば完成。

ポイント

キヌアは茹でてからしっかりと水気を切ったものを使ってください。生地がまとまりにくい場合は、少し長めに生地を休ませて丸めます。アーモンドミルクがなければ、お好みのミルクでもOKです。

キヌア(販売元:タマチャンショップ)

ウェルネスアドバイザー エンズルード・ミホコ Mihoko Ensrude

心とカラダをしなやかに。カラダのトータルバランスを整えるスーパーフードダイエットプログラムを提案、アメリカでウェルネスアドバイザーとして活躍。著書『鶴見式酵素ダイエットレシピブック』や野菜の便利帳シリーズ『世界の野菜レシピ』ではヘッドシェフを勤める。

提供元:有限会社九南サービス掲載日:2015/03/01