野菜で隠れジミ対策!?おいしく続ける美肌生活のススメ

誰の肌にも存在する「隠れジミ」とは

コッツフォード 良枝

監修:クリントエグゼクリニックコッツフォード 良枝先生

肌のターンオーバー(新陳代謝)が低下すると、古い角質が蓄積してメラニンが排出されず、シミができやすくなってしまいます。予防や改善のためには、食生活をはじめとする生活習慣を整えることが大切。ふだんの生活のちょっとした心がけで、すこやかな美肌を保ちましょう。

隠れジミってなに?

日焼けによるシミに悩む女性

隠れジミとは、肌の奥に潜む「シミの予備軍」のこと。知らず知らずのうちに浴びた紫外線によって作られたメラニンが、表皮の奥にため込まれた状態です。

シミの原因となる紫外線には「UVA」と「UVB」の2種類あります。春から夏にかけて量が増える「UVB」は、肌表面を赤くさせ、いわゆる日焼けを引き起こす紫外線。メラニンを増加させ、シミやそばかすの原因になります。一方、1年を通して降り注ぐ「UVA」は、UVBほどの力はないものの、雲や窓ガラスも通過するのが特徴。紫外線ダメージが肌の奥まで浸透、シミだけでなく、しわやたるみの原因になります。

サンサンと太陽の光が照りつけるときだけではなく、1年を通して、少しずつ浴びている紫外線。わずかな量でも、自覚のないまま蓄積し、肌の奥にメラニンをため込んでしまっている可能性があるのです。

どうして隠れジミになるの?

ターンオーバーイメージ

すこやかな肌は、約28日周期でターンオーバー(新陳代謝)しています。ターンオーバーとは、表皮の基底層で細胞が生まれ、アカになってはがれ落ちるまでのサイクルのこと。ターンオーバーが正常な肌は、紫外線ダメージによって過剰に生成されたメラニンも、アカと一緒に排出されます。

ところが、加齢や不規則な生活習慣、間違ったスキンケアなどによってターンオーバーが遅れると、古くなった角質がうまくはがれ落ちず肌に残り、メラニンも蓄積されてしまいます。蓄積されたメラニンが真皮層に落下すると、頑固なシミになっていつまでも肌に残ることに・・・そうなる前に、ターンオーバーを促進し、メラニンを排出させることが大切なのです。

※ドクターによる監修は、このスペースのみです。また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

美しさをめぐらせて、明るさをキープしよう

体内でビタミンAとして働くβ-カロテン

肌のターンオーバー(新陳代謝)を促そう!

ターンオーバーを促すには、肌の細胞に、新鮮な酸素と栄養素をめぐらせることが大切です。ポイントは、血液の流れ。冷えや睡眠不足はもちろん、乱れた食生活も血行不良を引き起こす大きな原因の一つです。

すこやかで美しい肌のためには、野菜の摂取が欠かせません。特に、外食やコンビニのお弁当などで食事を済ませる人は、野菜不足になりがちです。ビタミンやミネラルを豊富に含んだ野菜を、毎日しっかりと摂取する習慣を身につけましょう。

ターンオーバー(新陳代謝)を促す栄養素

ターンオーバーを促進してくれる栄養素として、特に注目したいのが「ビタミンA」。抗酸化作用が高く、肌あれや老化を予防してくれる栄養素です。

中でもニンジンは、効率的にビタミンAを摂取することができる優秀な食材。ニンジンに豊富に含まれている「β-カロテン」が、体内でビタミンAに変換されるのです。ニンジンは、100gあたり8,200μgのβ-カロテンを含有。これは、ほうれん草(4,200μg)やニラ(3,500μg)など、他の野菜と比較しても高い含有量です。

肌のターンオーバーを促進させて、隠れジミを防いでくれるニンジンのパワー!その力を毎日の食生活に取り入れてみましょう。

※μg=マイクログラム

野菜を摂るなら「吸収率」と「手軽さ」に注目

ニンジンジュースイメージ

野菜を上手にかしこく摂るには

ニンジンの栄養を余すところなく摂取するには、調理法にもちょっとしたひと手間を加えましょう。調理するなら「炒める」「蒸す」方法がおすすめです。β-カロテンは油に溶けやすいので、油と一緒に炒めると、β-カロテンをより体内に吸収しやすくなります。また、たっぷりのお湯でゆでると、栄養分が溶け出してしまいます。蒸して栄養分を逃さないようにしましょう。

野菜の摂取量は、厚生労働省によって1日350gと推奨されていますが、毎日この量を摂ることは、なかなか容易ではありませんよね。そんなときに、頼りになるのが「野菜ジュース」です。いつでもどこでも手軽に野菜不足を補える野菜ジュースを味方につけ、食生活のバランスを取りましょう。

手軽で吸収率のよい野菜ジュース!

野菜をジュースで摂ることには、手軽さ以外にも大きなメリットがあります。実は、野菜の栄養素(β-カロテン、リコピンなど)は、「ジュースで摂る方が、吸収率が高い」ことがわかっているのです。

植物細胞には、「細胞壁」という強固な壁があり、これが、栄養の吸収を阻害してしまいます。そのままでは、せっかくの栄養素をうまく吸収することができません。野菜ジュースは、その製造過程で、細胞壁を壊し、栄養を吸収しやすい形に変えています。そのため、調理した野菜で摂るよりも、β-カロテンは約1.5倍、リコピンは約3.8倍、吸収率が高まるのです。

ふだんの食生活に野菜ジュースをプラスして、キレイをサポート!ため込まない、すこやかな美しさを育みましょう。

β-カロテンを摂取!カゴメの野菜やその機能性に関する研究

スキンケア大学も着目!「機能性に関するカゴメの研究」

明治32年創業の「カゴメ」。気候に左右されやすい野菜の加工ラインを各国に確保し、品質管理に全力で取り組むことで、私たちの食生活をサポートしつづけています。

野菜の栄養素(β-カロテン、リコピンなど)を、私たちの体が吸収しやすい形にしっかりと変えてくれる方法や、野菜そのものが持つ力、野菜をジュースで摂る価値を研究し続けているカゴメに期待です!

もっと知りたい!隠れジミに関するカゴメの研究結果とは?

提供元:カゴメ株式会社掲載日:2016/08/15