シワが気になる方に!美しさに挑み続ける人の 「お手入れ」とは

保湿しても、真皮性のシワ※に手ごたえがない理由

山田美奈

監修:四谷三丁目皮膚科 院長山田美奈先生

一口にシワといっても、化粧品で対処できるシワとできないシワがあります。くっきりと刻まれた目尻や口もとのシワは、ケアしても手ごたえを感じにくいやっかいな存在。それぞれのシワの違いを知って、適切なケアを行いましょう。

乾燥小ジワはうるおいを与えて目立たなくできる!?

乾燥による小ジワ

シワには、乾燥による小ジワや真皮性のシワ等があります。乾燥小ジワとは、乾燥によって表皮の一番上にある角層の水分が減少し、生じるシワのこと。角層内の水分と保湿成分が減少し、しぼんだような状態になっています。

乾燥小ジワは、化粧品でうるおいを与えることで「目立たなくする」というケアが可能です。ただし、日本香粧品学会で定めた「効能評価試験済み」の化粧品に限ります。これは、あくまでも対処的なケア。目立たなくしているだけなのです。

※真皮の構造の乱れによるシワ

真皮性のシワは、化粧品では太刀打ちできません!

真皮性のシワ

真皮性のシワは、主に表皮より下にある、真皮の成分の構造の乱れが原因で起こっています。年齢とともに、真皮を構成する線維性タンパク質「コラーゲン」と「エラスチン」の産生量が減少。コラーゲン自体も細くもろくなっていき、真皮の構造を保てなくなりシワができるのです。

化粧品が対象とするのは「表皮の角層まで」であるため、真皮性のシワはやっかいな存在。加齢のほか、紫外線、乾燥なども、コラーゲンとエラスチンにダメージを与える大きな原因になります。シワができやすくなるので注意してください。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

女性たちの声から生まれた!シワを改善する※医薬部外品が登場

シワを改善する医薬部外品によるお手入れ

美容医療にふみきるその前に、セルフケアが可能に!

これまで、「シワを改善したい」と願う女性たちの最後の砦は、美容医療しかありませんでした。ただし、どんな施術を行うのか、どのくらいの費用がかかるのか、ずっと通院し続けるのか、その人のシワの状態によって異なるのも事実。

「美容医療は敷居が高そう…」と、シワの改善をあきらめていた女性たちにニュースです!なんと、2016年7月に、シワを改善する薬用化粧品(医薬部外品)が承認されたのです。

「医薬部外品」という響きには、何だか期待が持てそうな予感がしますね。化粧品と薬用化粧品(医薬部外品)は、いったい何が違うのでしょうか。

医薬部外品と化粧品の違い

医薬部外品とは、特定の効能効果を有することが確認された「有効成分」が配合されたもの。肌への対象範囲にも違いがあり、化粧品の対象範囲は角層まで。対する薬用化粧品の有効成分は、角層より奥に浸透して働くものがあります。

これまでには、メラニンの生成を抑えシミ・ソバカスを防いだり、ニキビや肌あれを防いだりする薬用化粧品などが承認されてきました。しかし、医薬部外品有効成分が真皮に作用し、シワを改善する効能効果が承認されたのは日本初!今までの私たちの常識をくつがえす、まったく新しい薬用化粧品なのです。

※日本香粧品学会で定めた効能評価試験済み。12週間で7割の方の目尻のシワが改善。シワの深さは最大34%改善。

シワ改善メカニズムの発見から見出された有効成分

ニールワンのシワ改善メカニズム

好中球エラスターゼがシワの1つの要因に!

シワを改善する効能効果が認められた医薬部外品有効成分とは、ポーラ化成工業が7年かけて開発した「ニールワン※」。ポーラは、シワには「好中球エラスターゼ」という酵素が関与していることに着目。シワ改善のメカニズムを発見しました。

好中球エラスターゼは、白血球の一種である好中球が、ウイルスの退治や、ダメージを受けた組織を分解するために放出する酵素です。紫外線や表情圧などにより、シワの部位の真皮が微弱な炎症を受けると、血液中の好中球が集まり、好中球エラスターゼを放出。その結果、コラーゲンとエラスチンが過剰に分解され、シワの一因になってしまうのです。

ニールワン※が好中球エラスターゼの活性を抑制

真皮まで浸透するニールワン※は、シワ部位の好中球エラスターゼと合体して活性を阻害。コラーゲンとエラスチンの分解と生成のバランスを整えることで、シワの改善を促します。

5400種もの素材から選び抜かれたニールワン※を配合し、医薬部外品としての承認を受けるまでに8年。15年の歳月をかけて誕生したのが、美容液『リンクルショット メディカル セラム』です。

シワ改善への大きな一歩として、大きな期待が持てそうです!

※全成分:三フッ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニルピロリジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニルベンゾイルアミノ酢酸Na

日本で唯一※、シワを改善するポーラの薬用化粧品

スキンケア大学のおすすめ!『リンクルショット メディカル セラム』

有効成分ニールワン※1を配合した『リンクルショット メディカル セラム』は、日本で初めて、シワを改善する効能効果のある薬用化粧品として承認された美容液です。水を1滴も使わない処方で、シワにピタッと密着。肌の水分によってニールワン※1が真皮まで浸透します。

抗シワ評価試験※2では、12週間の使用で7割の方の目尻のシワ改善効果が認められました。シワの深さ評価では、もっともシワが浅くなった人のシワ改善率※3は34%という結果でした。

口もと、目もとのシワ2部位に塗って、約2ヶ月使用できるコストパフォーマンスのよさも魅力。シワを気にせず思い切り笑って、いきいきと輝く美しさを手に入れませんか?

(スキンケア大学編集部)

※2016年12月現在
※1 全成分:三フッ化イソプロピルオキソプロピルアミノカルボニルピロリジンカルボニルメチルプロピルアミノカルボニルベンゾイルアミノ酢酸Na
※2 日本香粧品学会で定めた「新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン」に準じた評価試験
※3 シワ改善率(%):(使用前のシワ深さー使用後のシワ深さ)÷(使用前のシワ深さ)×100

『リンクルショット メディカル セラム』をもっと詳しく!

提供元:株式会社 ポーラ掲載日:2017/01/16