もっと!美肌に!水道水に潜むお肌の大敵とは!?

「水道水」が肌を刺激する可能性があることを、ご存知ですか?

菅原由香子

監修:すがわら皮膚科クリニック 院長菅原由香子先生

水道水に含まれる「残留塩素」が刺激となり、肌荒れを悪化させていることがあります。飲み水にはこだわっていても、入浴や洗顔などで触れる水までは、意識をしていない人が多いもの。「肌に触れる水」を見直せば、もっとすこやかで美しくなれる可能性があります。

「水道水」に含まれる「残留塩素」が「肌に与える影響」とは?

水道水の残留塩素

水のおいしさと健康にこだわって、ペットボトルの天然水やウォーターサーバー、キッチン浄水器など「飲み水」を気にかけている人は多いのではないでしょうか。それは、水道水は「おいしくない」「体に悪そう」というネガティブなイメージがあるから。口にする水への関心は高まっていますよね。

水道水には、浄水場で殺菌をするため、最終的に「塩素」が添加されています。蛇口から出る水道水には、その塩素が残っていないといけません。これを「残留塩素」と呼び、濃度は0.1㎎/L以上に定められ1.0㎎/Lの間で保持されています。

水道水を安全に使用する為に、塩素で殺菌し消毒を行うことは、保健衛生のためになくてはならないものですが、浄水場から水道水を使用する場所までの距離を考慮して、塩素が多く添加されています。そのため「蛇口から出る水道水」の残留塩素は、最低基準である0.1mg/Lの塩素濃度を超えていることがあります。

残留塩素が一定の濃度を超えると、肌や髪などのタンパク質も酸化させ、傷つけてしまう可能性が…。その結果、乾燥などの肌トラブルを招くことがあるのです。

水道水が肌に触れる機会は、飲み水よりも多い!

肌に付着しやすい残留塩素

暮らしの中で、水道水が肌に触れる機会は、洗顔や入浴、歯磨きなど、実は飲み水よりも多いもの。しかし、肌に触れる水については、意識をしていない人が多いのではないでしょうか。

残留塩素は、物質に付着しやすい性質を持っているため、実は「肌にも付着しやすい」という特徴があります。そのため私自身、肌の調子が悪かったときに、肌への刺激となる塩素が肌に触れないようにしようと思い、「浄水が使えるキッチンで洗顔」を始めました。また、「浄水シャワー」によって髪のパサつきも軽減したように感じています。

肌のお手入れは、顔だけでなく全身までケアを行うことで、悩みが起こりにくくなります。塩素によって傷ついた肌も、触れる水を見直すことで、本来の美しさを取り戻す可能性を引き出せるでしょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

暮らしの中で使う水のうち、68%以上が肌に直接触れている事実

家の中で肌に触れる水の割合

水に囲まれて生きる私たち

暮らしの中で、水道水が肌に触れる場所は、なんと5か所もあります。

1. キッチン(お料理から片づけまで)
お料理や飲み水用として、キッチン浄水器を使っている人は多いはず。野菜を洗うときやお米をとぐときは、浄水を使用する方もいますよね。しかし、お皿洗いの際にも、水道水は肌に触れています。このときにも浄水を使うのがベストですが、一般的なキッチン浄水器では、カートリッジフィルターの交換頻度が高くなることも。その場合、コストもアップしてしまうのが難点です。
2. お風呂&シャワー(リラックス&リフレッシュ)
お風呂では、髪、顔、体の全身が水道水に触れています。入浴後に保湿ケアをしたり、洗浄料や洗い方を変えたりしても、乾燥が改善されないときは、肌や髪に付着した残留塩素の影響が考えられます。また、シャワーで思い切り顔にお湯を当てる人も多いのでは…?シャワーの水圧によって、必要な皮脂が洗い流されてしまうことがあるので、手で洗い流すようにしましょう。
3. 洗面室(洗顔&歯磨き&手洗い)
洗顔、歯磨き、手洗いなど、水道水の使用頻度が高い洗面室。ここでも、残留塩素は肌に直接触れることになります。洗面室に浄水器を取り付けることは現実的なのか、大掛かりな工事が必要なのか、そもそもそのような製品があるのかも、気になるところです。

浄水器をキッチンやお風呂&シャワーなど、それぞれの蛇口すべてに設置すると、大幅なコストがかかり現実的ではありませんよね。そんな不便や不安を解決できる方法があります。それは「1台で家中まるごと浄水にしてしまう製品」を選べばよいのです。

「家中まるごと浄水」にするには…

家の中がすべて浄水に

画期的なPOE「オール浄水システム」という考え方

「家中まるごと浄水」にする方法として、アメリカでは「POE(ポイント オブ エントリー)」という分類があり、日本では「オール浄水システム」などと呼ばれている製品があります。これは、浄水器1台だけで、家中の蛇口からでる水を、すべて浄水にできる画期的なシステム。キッチンや洗面室はもちろんのこと、なんと洗濯やシャワートイレの水まで浄水にできます。

4. 洗濯(衣類のパサつき)
水道水で洗濯を行い続けると、衣類がパサつく原因に…。柔軟剤などの購入は出費が痛いところです。浄水を使用すると、パサつきが軽減され、色あせも防ぎます。洗濯の水にもこだわりましょう。
5. トイレ(デリケートゾーンへの気遣い)
シャワーがあたるところは、デリケートな部位だからこそ、水の質にこだわりたいものです。浄水なら、より優しくより心地よく利用できます。

「オール浄水システム」なら、浄水洗顔で快適な1日がスタート!キッチンでは、水道水と浄水の使い分けはありません。いつでもたっぷり浄水が使えてお料理に集中できます。入浴は、浄水を満たしたバスタブにゆっくり浸かりリラックスタイム。つまり「オール浄水システム」なら、自宅で気軽に、お目覚めからおやすみまで浄水に包まれたライフスタイルを送ることができます。

「家中まるごと浄水」にするのなら、安全性とコストパフォーマンスの良さを両立させた製品を選びたいですね。

全身が、浄水に包まれる喜びを

スキンケア大学のおすすめ!『ANOA(アノア)』

『ANOA(アノア)』は、家庭用品品質表示法に基づく「浄水器」であり、独自の機構により、水道水の安全性は損なわず、且つ、より快適に水道水を使用できる製品です。この機構により「オール浄水システム」として使用も可能な製品です。※1

アノア専用カートリッジは、クラレケミカル(株)製のPMCフィルターを採用。粒の形状を均一に揃えた高性能粒状活性炭フィルターにより、除去能力を保持しつつ、目詰まりが少ないため、使用開始から1年間、家中すべての水をたっぷり浄水にできます。

毎日口にして、肌にも触れる水だからこそ、安全性と信頼性を徹底追求。「一般社団法人 浄水器協会」の認定試験機関の一つである「一般財団法人 日本食品分析センター」で、日本初の12項目+1項目の検査※2を実施しています。

気になるコスト面では、アノア専用カートリッジ1本19,800円(税別)で、1年間40万リットルの浄水が可能です。1日換算だと、たった55円で1,000リットル以上使える計算となります。

例えば、バスタブ1杯が200リットルといわれていますから、なんと5杯分の浄水が自宅で楽しめることになります。これは、うれしいポイントですね!

お手入れは、年1回のアノア専用カートリッジの交換のみ。(特許取得済)4ステップで簡単に交換ができる使いやすさも、おすすめの理由です。

他の人とはひと味違う、よりすこやかでより美しい毎日を送りたいと思っているアナタ。優しい浄水に全身包まれてみてはいかがでしょうか?

※1 水道法上の残留塩素濃度0.1㎎/Lは残す。POE(オール浄水システム)とした場合。
※2 家庭用品品質表示法(JIS S 3201)に基づく、塩素を含む12項目。浄水器協会の基準(JWPAS B.210)に基づく1項目

(スキンケア大学編集部)

全身浄水に包まれて、よりすこやかで美しい毎日を送ろう!

提供元:株式会社ダックス掲載日:2017/04/01