ビタミンC教室

私たちの身体に欠かせない!コラーゲンとは

年齢によるコラーゲンの現象

人体を構成するたんぱく質の実に30%以上を占めているコラーゲン。その分類は20種類超にもおよびますが、皮膚・靱帯・軟骨・骨・腱・関節・目の角膜や水晶体などの構成要素であるため、いずれも人体において欠かせません。

コラーゲンは各細胞の間に存在し、それらをつなぐ接着剤の役目を担います。このようにして、筋肉・骨・皮膚・血管を強く保ってくれているのです。また、コラーゲンは皮膚の真皮層の約70%を占める成分でもあります。

コラーゲンは肌を支え、ハリと弾力をキープしますので、美肌を目指す上では大変重要な成分と言えるでしょう。なお、コラーゲンは、20代と比較して60代では3/4程度にまで減少します。

コラーゲンが生成されるメカニズム

コラーゲンが生成のメカニズム

コラーゲンを含む通常の食品を摂取した場合、コラーゲンがそのまま吸収されることはありません。

摂取したコラーゲンは1度、アミノ酸レベルまで分解され、再び構成(合成)されるという経過をたどるのです。分子が大きいコラーゲンは、胃液や各臓器の酵素によってアミノ酸ペプチド(アミノ酸が連なった細かい単位)にまで分解されます。その後、腸で吸収されたアミノ酸ペプチドが、再びコラーゲンとして生成されるのです。

なお、コラーゲンは皮膚の主要な構成要素であるため、皮膚のかさつき、たるみ、シワ、シミなどが気になる方は、コラーゲン不足の可能性があると言えるでしょう。

コラーゲンは健康維持のためにも、1日約2.5g、健康増進のためには5g程度を摂ることが推奨されています。

コラーゲン合成に必須なビタミンCの効果

コラーゲン合成に必須なビタミンCの効果

コラーゲンは私たちの身体にとって不可欠な構成要素です。しかし、いくらコラーゲンを十分に摂取しても、ビタミンCが不足では、コラーゲン生成がきちんと行われないのです。
その理由は、ビタミンCはコラーゲンを合成する時に必要な酵素の働きを助ける補酵素として働くといわれているからです。

たとえば、出血が止まらなくなる「壊血病」はビタミンC不足が原因。これは、ビタミンC不足により、身体に必要なコラーゲンが生成されないことから、皮膚組織や粘膜・血管が脆くなるため引き起こされるのです。既にご説明したように、コラーゲンは皮膚の70%を占める主要な構成要素。皮膚のかさつき、たるみ、シワ、シミ対策には、十分なビタミンC摂取が必要と言えます。

皮膚への効果を考えた場合、ビタミンCの口からの摂取(経口摂取)と併せて、ビタミンCを配合した化粧品によるスキンケアもポイントです。
最近では、ビタミンCの成分を改良することで、酸化しにくく、浸透力を高めた新しい成分も誕生しています。

秋葉原スキンクリニック堀内祐紀先生

秋葉原スキンクリニック 院長

堀内祐紀先生
クリニック公式サイトはこちら

ホクロ・イボ除去手術・ワキガなどの皮膚疾患をはじめ、スキントラブル治療、医療レーザー脱毛・医療痩身・男性型脱毛症など幅広い治療を行っています。新しい技術を積極的に取り入れ、患者様ひとりひとりに最適な治療法を提案させていただきます。

ページTOPへ

提供元:株式会社ビタブリッドジャパン掲載日:2014/08/01