スキンケア大学タイアップ企画 [PR]

めざせセルライト撲滅!やせたい女子必見「ピンクベリー」の脂肪分解アプローチとは

更新日:2017/04/28 提供:メルヴィータジャポン株式会社

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

  • クリップ(0)

ダイエットしても改善できないセルライト

脂肪とセルライトが気になる女性

太ももやふくらはぎの表面にあらわれる、凸凹のセルライト……。見るたびに憂うつな気分になってしまいますよね。

セルライトは、むくみが慢性化するとできやすくなります。セルライトが溜まってくると、血行不良を招いて冷えやすくなり、さらにむくんでセルライトが蓄積する悪循環に陥ることも。一度できたセルライトは、運動や食事制限だけでは改善しにくいのもやっかいです。

しかし、「どうせセルライトは改善できない」とあきらめる必要はありません。セルライトケアの頼もしい味方になってくれる「ピンクベリー」のはたらきに注目です!

カフェインの8倍!ピンクベリーの脂肪分解効果※

ピンクベリー

脂肪分解効果が高い成分としては、コーヒーなどに含まれている「カフェイン」がよく知られています。

対する「ピンクベリー」は、なんとカフェインの8倍※もの脂肪分解効果が確認されています(下記グラフ参照)。ピンクベリーとは、サンショウモドキの種子から抽出されるエキス。フランス領レユニオン島では、古来から美容と健康に用いられており、多くの女性に支持されてきました。

ピンクベリーの脂肪分解効果

ピンクベリーは、なぜカフェインをしのぐ脂肪分解効果をもっているのか?そのメカニズムをひもときましょう。

今ある脂肪とこれからの脂肪、両方を撃退!

ピンクベリーのはたらきにより、2つの脂肪燃焼効果が期待できます。

1.脂肪の蓄積を防ぐ
セルライトは、脂肪細胞にタンパク質がくっつき、肥大化してつくられます。ピンクベリーは、脂肪細胞を覆うタンパク質(ペリリピン)を抑制。すると、脂肪を分解する酵素が作用しやすくなり、脂肪燃焼を促して未来のセルライトを防ぎます。
2.脂肪の排出を促す
1.に加え、脂肪が分解・縮小することでエネルギーとして燃焼されやすくなるため、今すでにある脂肪にも効果的にアプローチします。

オイルでマサージする女性

こんなにパワフルなピンクベリーに注目しない理由はありません。がんこなセルライトも無理のないケアが期待できますね!

「ピンクベリー」を味方につけて、スリムなボディを目指しましょう!

美ログ