スキンケア大学タイアップ企画 [PR]

【専門家監修】うるおい重視の洗顔は卒業!d プログラムで美肌の土台づくり洗顔を

更新日:2017/12/04 提供:資生堂ジャパン株式会社

並木まき

この記事の監修専門家

一般社団法人 時短美容協会 代表理事

並木まき

  • クリップ(0)

資生堂 dプログラム 「コンディショニングウォッシュ」

肌が乾燥する、くすみを感じる、きめが粗い…。そんなちょっとした肌の不調を感じたとき、「化粧品が合わないのかな?」と思うことがありますよね。実はそれ、正しい洗顔を行うだけで良くなる場合があるんです。d プログラムの洗顔で、美肌の土台をつくりましょう!

美肌の土台を育む洗顔の条件とは

洗顔をする女性

洗顔料の本来の目的は、余分な皮脂や汚れをしっかりと落とすこと。しかし、洗顔で乾燥することを気にして、洗顔料に「うるおい」ばかり求めていませんか?

美肌の土台を育む洗顔料の条件とは、肌本来のうるおいを守りながら、汚れだけをしっかり落とすこと。そして、肌負担を感じない泡で洗えることも大切です。

これらの条件をすべて満たすのが「d プログラム」の洗顔料。洗顔で肌が変わる体験をしてみませんか?

汚れだけ落としてうるおいを守る、d プログラムの洗顔料

タオルで顔をふく女性

d プログラムの洗顔料は、汚れをしっかりと落としつつ「美肌バリア機能」を守るのが大きな特徴です。

美肌バリア機能とは、「角層をよい状態に整えることで、見て触れて美しい肌を生み出す力」のこと。角層細胞の一つ一つが水分で満たされ、化粧水や乳液のうるおいをしっかりと蓄えられる肌が理想的といえます。

d プログラムの洗顔料は、スキンケアの大切なファーストステップとして、美肌の土台を整えることを第一に考えて開発されたアイテムなのです。

厳選された成分を使用し、アルコール(エチルアルコール)、パラベン(防腐剤)無添加で、無香料。医薬品と同等の厳しい衛生管理のもと、クリーン製法を採用し、全品を日本国内で生産しています。

洗顔フォームと石けんの2種類から選ぶことができますよ。

d プログラム コンディショニングウォッシュ

資生堂 dプログラム 「コンディショニングウォッシュ」

泡立ちがよい洗顔フォーム。クリーミーな濃密泡で、肌をこすることなく、汚れだけをやさしく落とします。うるおいを守り、なめらかな洗い心地も魅力。特に、肌の乾燥が気になる方におすすめです。

<敏感肌用洗顔料>
150g 2,700円(税込)
資生堂オンラインショップ販売価格

ご購入はこちら

d プログラム コンディショニングソープ

資生堂 dプログラム 「コンディショニングソープ」

石けんタイプですがつっぱることがなく、不要な皮脂や汚れをしっかり落としてくれるので、ざらつき・毛穴の目立ち・ニキビ予防に効果的です。また、顔だけでなく全身にも使える石けんです。特に、肌のべたつきや毛穴が気になる方におすすめです。

<敏感肌用洗顔料>
標準重量100g 1,620円(税込)
資生堂オンラインショップ販売価格

ご購入はこちら

ちょっとしたコツでもっと美肌に!正しい洗顔法をマスター

顔をすすいでいる手のアップ

美肌の土台づくりには、洗顔料を変えるだけでなく正しい洗顔方法で肌にダメージを与えないことも大切です。

そこで、洗顔をするときに注意したい4つのポイントをご紹介しましょう。

  1. 洗顔の前は「予洗い」を。汚れが残っていると、泡立ちが悪くなったり、洗顔中に泡がへたったりするので、手を洗い、顔を濡らしておくのがポイント。
  2. 洗顔料は空気を含ませながらしっかりと泡立てます。肌と手の間に泡のクッションをつくり、摩擦を起こさないようにやさしく洗いましょう。特に汚れが気になる小鼻やアゴの部分は、化粧指(中指・薬指)でくるくると小さな円を描きながら丁寧に洗います。
  3. すすぎの温度は、人肌程度を目安に。フェイスラインや髪の生え際は、すすぎ残しのないように注意しましょう。
  4. タオルをやさしく顔にあて、押さえるようにして水分を吸い取ります。ごしごしふきとってしまうと、肌を傷める原因になるので気をつけましょう。

これで、美肌への土台づくりは完了です。

洗顔でうるおいを抱え込む素肌の準備が整ったら、低刺激のd プログラムの化粧水と乳液でしっかり保湿ケアをするのがおすすめ。毎日の積み重ねで、肌のしなやかさ、うるおいの浸透感にきっと違いが現れるはずです!

資生堂 d プログラム関連記事

美ログ