スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR]

くすみ肌を明るく晴れやかに!美白と保湿の同時ケアが透明美肌への近道

更新日:2018/05/01 提供:株式会社コーセー

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

美白化粧品の「成分」だけ見ていませんか?

シミやくすみが気になり美白化粧品を探している女性

家事や子育てで忙しい毎日。ふと鏡を見たとき、シミに気づいたりくすみを感じたりするとショックですよね。ツヤや透明感のある肌を求め、手ごたえのある美白化粧品を探している方も多いのではないでしょうか。

しかし美白化粧品を購入するとき、美白成分だけを重視して選ぶのはNG。30代以降の肌のくすみは「乾燥」が大きく影響しています。メラニンの生成を抑える美白ケアだけを行っていても、保湿を怠ってしまうと、くすみは晴れないのです。

透明美肌の必須条件!「保湿」の重要性とは?

透き通るような肌の女性

年齢を重ねるとともに、潤いを生み出す力は低下してしまいます。すると肌が乾燥してキメが乱れ、バリア機能が低下。肌を守るために肌の角層が厚くなり、肌全体が暗く見えるようになります。また紫外線などの外部刺激も受けやすくなっているため、乾燥小ジワなどエイジングの悩みへ連鎖することも…。

一方、保水力のある健康的な肌は、セラミドや天然保湿因子(NMF)などが十分にあり水分を豊富に蓄えています。潤いに満ちているため透明感があり、キメが細やか。光をきれいに反射して、ツヤも生まれます。

潤い不足でくすみがちな肌には、毎日のスキンケアでしっかり補いましょう。適切な保湿をすることで、くすみのない透明感のある肌へ導くことができます。

ココに注目!透明感を引き出す美白化粧品の選び方

美容によい成分が豊富なお米

大人の肌には美白成分はもちろん、保湿力も重視した美白化粧品選びが大切。ポイントは以下の2つです。

美白有効成分配合の医薬部外品

まずは、美白有効成分が含まれているかどうかをチェック。美白有効成分とは、シミやソバカスの予防効果が認可された成分のこと。いくつか種類がありますが、中でも「ビタミンC誘導体」は、美白有効成分として長い歴史をもっています。

米と発酵由来の保湿成分

くすみのない透明感を引き出すために欠かせない保湿成分。さまざまな種類がありますが、私たち日本人になじみ深い「お米」と「発酵」由来の保湿成分に注目です。

米発酵液
天然保湿因子(NMF)の主成分であるアミノ酸が豊富。角層の潤いをサポートします。
ハトムギ発酵液
肌のキメを整え透明感のある肌を育みます。
米ぬか酵素分解エキス
糖やペプチドを豊富に含み、保湿効果に優れています。

米と発酵のチカラを、コーセーの先進技術で追求したスキンケアブランド「米肌(まいはだ)」。肌自ら発光しているような透明感のある美肌へ導く、米肌の美白ケアライン「澄肌シリーズ」がおすすめです!

潤いで満たし透明感とツヤを育む「澄肌シリーズ」

米肌「澄肌美白化粧水」「澄肌美白エッセンス

コーセー「澄肌シリーズ」は肌本来の光バランスに着目。透明感の源となる保湿成分と過剰メラニンをコントロールする美白有効成分を凝縮し、炊き立ての新米のような輝きのある肌へと導きます。

澄肌美白化粧水(医薬部外品)』は、美白有効成分ビタミンC誘導体に加え、米と発酵由来の保湿成分を配合。みずみずしいテクスチャーで、角層のすみずみに浸透します。たっぷりの潤いで満たし、ツヤやかで明るい肌に。

澄肌美白エッセンス(医薬部外品)』は、美白有効成分にビタミンC誘導体と、肌あれ防止有効成分ビタミンE誘導体を配合。メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぎながら、肌あれも防いでなめらかな肌に。米と発酵由来の保湿成分が透明感を引き出します。

化粧水とエッセンスに加え、肌潤石鹸、肌潤ジェルクリームがセットになった『澄肌美白お試しセット』も発売中。14日間ライン使いして、しっとり潤う透き通るような肌を体験してみませんか?

美ログ