スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR]

メイク崩れは「隠れ乾燥」のサイン!保水力UPのケアでもう崩れない肌へ

更新日:2018/05/01 提供:株式会社コーセー

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

ファンデや下地を変えるだけでは不十分!?

オフィスでメイク崩れを直す女性

「朝きれいにメイクしたのに、午後にはもう崩れている…」

Tゾーンは皮脂でファンデーションがヨレるのに、Uゾーンは乾燥でカサカサ浮いてしまう、という人は多いのではないでしょうか。仕事が忙しいと、メイク直しの時間が取りにくく悩ましいもの。保湿力が高いファンデーションや皮脂崩れを防止する下地など、あれこれ試したくなりますよね。

ただしメイク前に肌の土台づくりができていないと、優秀な化粧下地やファンデーションの効果が発揮されません。つけたての美しいメイクを維持するカギは、メイク前のスキンケアにあります!

崩れない肌を目指す!スキンケアのポイント

保湿美容液でみずみずしい肌を実感している女性

メイクが崩れやすい肌の背景には「隠れ乾燥」が潜んでいるかもしれません。隠れ乾燥とは、肌内部の水分保持力が低下している状態のこと。水分が減少して乾燥している肌は、化粧下地やファンデーションが密着しにくくなります。さらに乾燥から肌を守ろうとして、皮脂を過剰に分泌することがあるため、毛穴の多いTゾーンはベタついて崩れやすくなるのです。

隠れ乾燥を改善するには、化粧水で水分を与えた後に保湿美容液をプラスするのが効果的。保湿成分が凝縮されているので、肌内部の潤い不足をしっかりサポートすることができます。

保湿美容液を選ぶときは、肌本来の水分保持力を高めてくれるものに注目。潤いを補うだけでなく、自ら生み出すことができれば、時間がたっても乾燥しにくいみずみずしい肌をはぐくむことができます。

保水力を改善する「ライスパワーNo.11」

水分保持能を改善するお米由来の美容成分「ライスパワーNo.11」

「ライスパワーNo.11」は、医薬部外品の効能として唯一、水分保持能の改善効果が認可されたお米由来の成分。角層内で潤いを保つセラミドを生み出して、肌が自ら潤う力を高めます。

セラミドは水分を何層にも挟みこんで蓄えるため、保水力にすぐれているのが特徴。また角層の隙間を満たして、肌内部を刺激から守るバリアのような役割も担っています。ただし、年齢とともにセラミドの産生力は衰えるため、肌は乾燥しハリの低下を招いてしまいます。

セラミドを自ら生み出せる肌は、角層の内側から潤いに満ちたキメ細かい肌に。そんなライスパワーNo.11の効果をしっかり実感できるのが、「米肌(まいはだ)」の美容液です。

自ら潤う肌へ「米肌 肌潤改善エッセンス」

コーセー米肌 「肌潤改善エッセンス」

「米肌(まいはだ)」は米と発酵のチカラを、コーセーの先進技術で追求したスキンケアブランド。ライスパワーNo.11を高濃度*で配合した『肌潤改善エッセンス(医薬部外品)』は、肌の水分保持能を改善し、カサつきとベタつきが混在する肌の潤い不足をサポートします。

さらに保湿と保護効果に優れた大豆発酵エキス、肌の天然保湿因子(NMF)の主要構成成分である乳酸Na、乳酸を豊富に含み角層の潤いをサポートするビフィズス菌発酵エキスなど、潤いを取り込む保湿成分もおしみなく配合。

コーセー独自の浸透技術「モイストインジェクション処方」により、浸透型リン脂質がライスパワーNo.11や美容成分を引き込んで、角層のすみずみにすばやく浸透します。

保水力を改善し、潤いがわき上がる乾き知らずの肌で、メイクのり・モチもアップ!すっぴんでもメイクをしても、1日中美しい肌を目指しませんか?

*シリーズ比

美ログ