スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

運動系ダイエット

「ながら」ダイエットは本当に効果があるのか!?

更新日:2017/04/19 公開日:2014/04/22

仕事をしながら、家事をしながら、料理をしながら、寝ながら…何かをしながらダイエットをすることは長続きするダイエットとして人気が高いです。ここではドクター監修のもと、ながらダイエットについて解説します。

きれいになるためだったらダイエットだって頑張れると始めたのはいいものの、ダイエットを続けることはなかなか難しいものです。そのような方に長続きしやすいダイエット法として「ながらダイエット」を紹介します。ながらダイエットのメリットや方法などについて見ていくので、よく確認をしてください。

何かをし「ながら」のダイエット

ながらダイエットとは、何かをしながらダイエットをすることです。具体的には家事をしながら、仕事をしながら、通勤しながら、寝ながらなどです。

このながらダイエットは女性たちの注目を集め、何かを行いながらダイエットするのが主流になってきています。

「ながら」ダイエットのメリット

ながらダイエットのメリットとしては以下の2つがあります。

(1)いつもの生活の中で自然にダイエットできる

ながらダイエットであれば普段の生活の中に自然にとり入れることができます。ダイエットのためだけに時間を新たに割く必要もなくできることで継続して実施できます。もちろんお金もかかりませんし、特別な時間も必要ありません。

(2)続けやすい

筋肉の使い方を意識して、少し動作を変えるだけなので、習慣化してしまえば簡単に続けることができるダイエット方法です。短期間で痩せようとするのではなく、継続することが大切です。

「ながら」ダイエットの方法

(1)座りながら「ながら」ダイエット

デスクワーク時など、椅子に座っている時に貧乏ゆすりをしましょう。もちろん仕事中に隣の人に迷惑をかけない程度に行うようにしてください。

貧乏ゆすりをすることはお行儀が悪いことといわれていますが、実は血液を循環させる第二の心臓といわれているふくらはぎが刺激され、血液の循環がよくなるだけでなく、太ももの筋肉も刺激されるため、むくみ防止になり、老廃物を排出しやすい身体になります。

(2)家事をし「ながら」ダイエット

キッチン台に手を置いて思いっきりつま先立ちしましょう。その状態で10秒間キープし、力を抜きます。それを数回、脚を痛めない程度に行ってください。脚全体の筋肉が刺激され、むくみ防止になります。

(3)立ち「ながら」ダイエット

歯磨きなどをしたり、料理をしたり、立って何かをする際に、脚の間にボールのようなものを挟んで、それを落とさないように行動しましょう。玉ねぎのように表面がつるつるしたものを挟むとより高い効果が見込めます。そうすることでインナーマッスルが鍛えられ、代謝がよくなります。

(4)食べ「ながら」ダイエット

食べ方に気をつけることでもダイエットが可能です。ポイントは「ゆっくり食べる」ことです。ゆっくり食べることで食後の空腹感が少なくなり、摂取カロリーを減らせます。

また、「食べる順番」にも気をつけます。なるべくGI値が低い食べ物から順番に食べるようにします。具体的には、食物繊維を食べてから、次にスープ類、スープ類の次にタンパク質、最後に炭水化物を食べるという順番です。これによってダイエット効果が期待できます。

(5)寝「ながら」ダイエット

寝る時間を調整するだけでもダイエット効果をえられる可能性があります。このポイントは「夜中の3時までには眠っている」「1日の睡眠時間を7時間にする」ことです。これらを守るだけでも痩せホルモンが活発に活動してくれたり、ホルモンバランスが整ったりします。

などなど、他にもたくさんの「ながら」ダイエットがあります。使う筋肉をちょっと意識することでできるダイエットですので、誰でも簡単に始められます。

「ながら」ダイエットの注意点

「ながら」ダイエットは効果が出るにはちょっと時間がかかります。1日の生活の中に健康的な運動が少し組み込まれるような感覚が正しいです。

数か月後になんとなく効果がわかってくるようなダイエットですので体重をすぐに落としたい!というダイエットには向いていないかもしれません。時間をかけて身体を引き締めるダイエット方法として認識するとよいでしょう。

もしダイエット効果を早く体感したいのであれば、『くびれ美人になる腹筋の鍛え方・トレーニングとエクササイズ』などを参照するといいでしょう。

「ながら」ダイエットに挑戦してみましょう

「ながら」ダイエットは何か別の行動をしている間に、そこにダイエットを組み込むことで体重を落とそうとします。普段の生活にとり入れることが可能なので、気になるものから試してみるといいかもしれません。

なお、何か違和感があればすぐにやめて、医師に相談をするようにしてください。

超簡単ダイエットについての関連記事

運動系ダイエット サブテーマ

超簡単ダイエット 記事ランキング

fem.リサーチ