スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

白髪・若白髪の原因と対策

すぐできる白髪を改善するポイント

更新日:2017/04/26 公開日:2014/05/01

白髪の原因

白髪になる原因としては、加齢や紫外線からのダメージによる色素細胞の衰えや損傷があげられます。稀に、髪や頭皮、内臓へのダメージが白髪を誘発することもあります。

頭皮の血行不良も白髪の原因に

白髪が発生するのは、髪色をつくる色素であるメラニンが不足するからですが、このメラニンを合成しているのがメラノサイトという細胞です。メラノサイトは毛根の下部に位置しており、頭皮から栄養を受け取ることで正常に働きます。 ところが、血行が悪くなっていると、例え十分な栄養を摂取していても、メラノサイトに充分に栄養が供給されません。するとメラニンを作るための酵素・チロシナーゼの働きが鈍くなってしまいます。 そのため、頭皮の血行不良を改善し血流をよくすると、白髪の予防・改善効果が期待できます。

白髪を改善するための食生活

髪に栄養を運ぶのは血液です。その血液を薄くするといわれている、からしや香辛料などの辛い食品は控えたほうがよいでしょう。 また、髪によいとされる食べ物としては、メラニン色素を作り出すヨードを含む海藻類や、メラニンの原料を作り出すチロシンを含む食べ物があげられます。チロシンは銅ミネラルがないと体内で正常に働かないので、チロシンと銅ミネラルを一緒に摂ることのできる豆腐や納豆がおすすめです。

白髪改善に効果的な頭皮マッサージの方法

頭皮のマッサージやツボ押しは、頭皮の血行を改善するもっとも直接的でシンプルな方法です。マッサージそのものはとても簡単ですので、日常のちょっとした空き時間にもとり入れることができますし、仕事の休憩中に行うことも可能です。 また、頭皮の血行は白髪だけでなく、さまざまな頭髪トラブルとも深い関係にありますので、フケや抜け毛などの改善にも効果が期待できます。

スカルプ(頭皮)マッサージ

「スカルプ(SCALP)」という英単語をよく耳にしますが、この単語の意味をご存じの人は意外と少ないのではないでしょうか。これは、「皮膚(skin)」、「結合組織(Connective tissue)」、「帽状腱膜(Aponeurosis)」、「疎性輪紋状結合組織(Loose areolar connective tissue)」、「頭蓋骨膜(Periosteum)」の頭文字を組み合わせたもので、この5層を総称して「頭皮」のことを指します。 つまり、スカルプマッサージというのは、頭部に全体的に効くマッサージだと認識しておくとよいでしょう。

スカルプマッサージの方法

スカルプマッサージの方法を以下に説明します。 (1)指圧 両手の指の腹を頭皮にあて、痛すぎない程度に指で頭皮を圧迫します。 次に指をずらして場所を変え、頭皮全体を指圧します。 (2)頭皮を動かす まず、両手の指の腹を頭皮に当てます。頭皮を軽くつかむようにして、痛くない程度に前後に動かします。このとき、指の位置はずらさず、頭皮を動かすようにします。動きにくい部分の頭皮は、血行が悪く、コリがある部分です。こっている部分を重点的にマッサージしましょう。 (3)万能のツボ「百会」を刺激する 「百会(ひゃくえ)」は、頭頂部にあるツボです。東洋医学では、「全身の気が一堂に会する場所」として知られており、万能のツボだと考えられています。 自律神経を整える作用のあるツボなので、血行の改善やストレスを緩和する効果が期待できます。白髪対策としてももちろん有効です。頭皮マッサージの際にはぜひあわせて刺激しておきたい場所です。 百会の位置は、両耳の穴から垂直に線を延ばした交点です。頭皮全体をマッサージしながら、中指で百会を刺激すると効率的です。

頭皮マッサージの注意点とポイント

頭皮マッサージは頭皮に直接的な刺激を与えますので、高い効果が期待できます。一方で、正しい方法を知らないとかえって頭皮に傷をつけることにもなるため、以下のポイントに注意して行いましょう。 ・力を入れすぎないようにしましょう。痛いほどの力は逆効果です。 ・爪を立ててはいけません。頭皮が傷つく原因となります。 ・頭皮に限らず、飲酒時のマッサージは止めましょう。酔いが回るのが早くなったりする可能性があります。 髪の毛に必要な栄養は頭皮の真皮層の毛細血管から毛乳頭を通して取り込まれます。血行をよくすることにより、白髪だけではなく、抜け毛予防や育毛にも効果が期待できます。

白髪改善のために気をつけたいそのほかのポイント

これまで紹介してきたほかにも白髪改善に効果的といわれるものが、質の良い睡眠です。髪がもっとも成長する時間帯は22時~2時といわれています。この時間帯に眠りにつくことで、より強い髪に育てることができます。また、色素でもあるメラノサイトはストレスに弱いので、やはり夜更かしは禁物です。ストレスを溜めることのないように、良質の睡眠をとるように心がけましょう。

あわせて読みたい

白髪・若白髪の原因と対策

キーワード

【注目キーワード】

頭皮のケアについての他の記事を読む