スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

歯列矯正・矯正歯科

歯の矯正は今からでもやるべき?メリットとデメリット

更新日:2016/12/15 公開日:2014/10/01

普段から歯並びや噛み合わせに悩んでいる人も、実際に矯正を決めるまではいろいろと悩むこともあるでしょう。矯正をやることのメリットとデメリットについて、疑問に対する答えをドクター監修の記事でお伝えします。

大人の歯列矯正のメリットは?

歯列矯正を検討する場合、できるだけ多くの情報を集めて精査し、後から後悔しないようにしたいものです。

大人が歯列矯正することによるメリットを考えてみましょう。

第一に大人の場合は子どもと違い、すでに顔の成長は止まっているので、治療計画も立てやすいというメリットもあります。矯正はある程度、長期にわたるものなので、その間の痛みや違和感にストレスがあって継続できないことがあります。特に子どもの矯正の場合は、身体の成長期でもあり、当初予測していた方向性と異なった顔面形態の成長が起こることで、矯正が長引くケースも見られます。それが少ないことが大きなメリットとなります。

第二に矯正終了後は歯並びによるコンプレックスを解消でき、心理的なストレスが軽減されるでしょう。笑顔に自信が持てたり、表情筋の動きが良くなることで、美容の面でのアンチエイジング効果も期待できます。また、歯ブラシが行き届きやすくなり、虫歯や歯周病が防ぎやすくなるというのも長期にわたるメリットです。

歯列矯正中のデメリットは?

デメリットとしては装置をつけ始めのときに、とくに痛みや違和感を覚えるということがあります。成人の場合、子どもよりも歯の移動がゆっくりなので、時間がかかります。大まかに言っても1年~2年かかります。期間が長くなるということは、それだけ金額も高くなることを意味します。

また、かみ合わせが変わることで、あごへの影響が起こります。年齢によっては、そのストレスが更年期障害につながるケースもあります。

装置については、表側につけた場合、見た目が気になるというのも女性にとっては大きな問題でしょう。口が閉じにくくなるといったこともあるかもしれません。また、唇や頬に装置が当たったところが口内炎になる、装置によって発音がしづらくなるといったことも考えられます。今は、装置もさまざまな素材があり、表につけたり、口の裏側につけるなど、選択肢が広がっています。裏につける場合は表につけるよりも違和感が強く、食事や会話がかなりしにくくなります。

仕事柄、矯正器具を付けられない方や、ワイヤー矯正の痛みや違和感が嫌な方にはセラミック法での歯列矯正がおすすめです。これは4~5回程度の治療で歯並びが整います。

ご自身のライフスタイルや、いつまでに矯正を終了したいのか、予算などをトータルで歯科医に相談し、自分にあった方法を検討してみてください。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

歯列矯正・矯正歯科の基礎知識についての関連記事

関連Q&A

歯列矯正・矯正歯科 サブテーマ

歯列矯正・矯正歯科の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ