スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

歯列矯正・矯正歯科

その他(裏側,舌側矯正、クイック矯正、ヘッドギア矯正)の歯列矯正の特徴

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

歯の矯正には、ブラケットを使った矯正や部分矯正、インプラントを使った矯正など、いくつかの種類があります。その他に矯正方法にはどんなものがあるのでしょうか?また、どのような特徴があるのでしょうか?ドクター監修の記事でご紹介します。

歯の矯正には、ブラケットを使った矯正や部分矯正、インプラントを使った矯正など、いくつかの種類があります。こちらの記事ではその方法を特徴と合わせてご紹介します。

人に気づかれにくい裏側矯正

人に気づかれずに矯正したいという人におすすめなのが、歯の裏側にブラケットとワイヤーをつけて矯正する方法です。表側にはまったく装置が出ていないので、矯正中と気付かれずに歯並びを整えていくことができます。この方法は裏側矯正、舌側矯正、リンガル矯正などと呼ばれています。歯の裏側は表よりも凹凸があるので、裏側の矯正には技術が求められます。裏側矯正は、表側の矯正よりも虫歯になりにくいというメリットがありますが、歯の動きが表よりも遅いため、時間がかかります。そのため費用も高くなりがちです。また、慣れるまでは若干発音しづらい場合があります。

短時間で治療ができるクイック矯正

クイック矯正とはセラミックの被せ物を用いた矯正方法です。矯正という言葉を一般的には使っていますが、審美治療とも言います。歯列を動かすのではなく、歯を削って、被せ物をすることで見た目を整えていきます。クイック矯正だと、歯並びが元に戻る心配もなく、保定期間もないので、短期間で施術が終了します。この方法が気になる人はドクターに相談してみるとよいでしょう。

ヘッドギアを使用した治療

大人の矯正では、最近はあまり見ないように思いますが、ヘッドギアを使う方法もあります。上あごの骨格的な矯正や大臼歯の位置のコントロールに用いられます。ヘッドギアには大きく2タイプあり、ひとつは頭の上から覆っている「ハイプルヘッドギア」と呼ばれるもの。これは、上の奥歯に歯科用セメントで装着したバンドとその横にあるチューブを通すフェイスボウ、そのうえのヘッド部分で構成されています。もうひとつは「サービカルプルタイプ」です。これは、ヘッド部分がなく、フェイスボウとネック部分をつなぐネックストラップで構成されています。

ヘッドギアの装着時間は1日12時間を目標とされていますが、長時間が難しい場合、最低8時間を目標とされています。ヘッドギアは成長期のほうが効果的です。また、大人が使う場合は、奥歯の移動を防ぐ目的で使われることが多く、歯を抜いたところの隙間に、奥の歯が移動しないようにする、というような使い方をします。大人の場合は1日に長時間使うのが難しい方が多いので、夜間のみ使用することもあります。またヘッドギアはいずれも体調が悪いときは使わないようにおすすめしています。

いかがでしたでしょうか。

このように、ひとことで歯の矯正と言っても、その治療方法はさまざまです。自分の理想とする形に近づけるためにも、担当ドクターとよく相談して、納得できる治療方法を選択するようにしましょう。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

歯列矯正・矯正歯科治療の種類と特徴についての関連記事

関連Q&A

歯列矯正・矯正歯科 サブテーマ

歯列矯正・矯正歯科治療の種類と特徴 記事ランキング

fem.リサーチ