スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

歯列矯正・矯正歯科

すきっ歯の歯列矯正の種類・費用・期間について

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

すきっ歯は前歯であれば見た目に影響しますし、食べ物が詰まって虫歯や歯周病になりやすくなります。ここでは、すきっ歯の歯列矯正について、ドクター監修の記事でお伝えします。

見た目だけじゃない、すきっ歯のデメリット

年齢を重ねてから歯の隙間が気になってきたという人も多いのではないでしょうか。実は歯は常に移動しているので、年齢を重ねていくと歯の隙間ができてしまうのは致し方のないことです。しかし、すきっ歯は前歯であれば見た目に影響しますし、食べ物が詰まって虫歯になりやすくなります。専門的用語では、前歯のすきっ歯を「正中離開(せいちゅうりかい)」、全体的なすきっ歯を「空隙歯列(くうげきしれつ)」と言います。歯列矯正の相談の中でも、大人のすきっ歯は相談件数の多い問題です。

歯の隙間が大きいと話すときに空気がもれるので、聞き取りにくくなります。また、隙間に食べたものがつまり、虫歯や歯周病の原因になります。さらに、奥歯のかみ合わせが悪くなることで、頭痛や肩こりも起きやすくなります。

すきっ歯にはさまざまなケースがあるのですが、特になりやすいのはあごの大きな人です。歯が生えてくるスペースも大きいためにすきっ歯になりやすい傾向があります。また、生まれつき歯の本数が少ない、あごの中に歯が埋まったまま出てこないといったこともすきっ歯の原因になります。

全体矯正or部分矯正?

隙間の問題が全体に影響しているような場合は、歯全体を動かす矯正を行います。これは、ブラケットとワイヤーを使った矯正です。目立つのが嫌だという方には舌側矯正(裏側からの矯正)もあります。全体を動かす場合は、2~3年かかると考えてください。また、隙間が前歯だけの場合は、ブラケットとワイヤーをその部分にだけ着けて矯正するやり方もあります

また、結婚式や就職活動に間に合わせるために早く前歯の隙間をなくしたいというような場合には、歯を削ってセラミッククラウンをかぶせたり、ラミネートベニヤを貼って隙間を埋める方法を取ります。この場合、歯を動かさないので、痛みもほとんどなく、短期間で済みます。セラミッククラウンの価格はクリニックや治療する歯などによって変動しますが、大きく価格に影響が出るのは素材のクオリティです。色も自然な白い歯になるので、見た目の美しさという意味ではよい治療法だと思います。

すきっ歯の治療で見た目の美しさを求める場合、ご本人が納得できる状態がよいゴールと言えます。自分がどんなイメージを持っているのかをドクターにきちんと話し、適切な治療を選択することをおすすめします。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

タイプ別の歯列矯正・矯正歯科治療についての関連記事

関連Q&A

歯列矯正・矯正歯科 サブテーマ

タイプ別の歯列矯正・矯正歯科治療 記事ランキング

fem.リサーチ