スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

虫歯

歯科医に聞いた!虫歯の自然治癒を促進する方法

更新日:2017/03/17 公開日:2015/03/02

天野聖志先生

この記事の監修ドクター

天野歯科医院 院長

天野聖志先生

この病気・症状の初診に向いている科
歯科

これまで、虫歯ができると自然治癒することがないといわれてきました。しかし最近では、虫歯も自然治癒させられることがわかってきたのです。ドクター監修の記事で、虫歯の自然治癒を促進する方法についてご紹介します。

虫歯が自然治癒する?

虫歯は、「一度できてしまうと、歯科医で治療を受けない限り、治ることがない」と、思っている方は多いかと思います。けれども、じつは虫歯も自然治癒することがあるのです。

虫歯の原因菌は、食べ物に含まれる糖分をエサにして酸をつくり出します。そして、この酸によって歯の表面の「エナメル質」の中から、カルシウムやリンが溶け出してしまい、虫歯となるのです。このように、エナメル質から歯の成分が溶け出してしまうことを「脱灰」といい、脱灰は、食事をするたびに起こっています。

しかし、カルシウムやリンは唾液にも豊富に含まれています。そのため、少し時間が経つと唾液によって歯の表面に補充され、歯が修復されていきます。これを「再石灰化」といい、虫歯を自然治癒させるためには脱灰をできるだけ抑え、再石灰化を促進させることが重要です。

再石灰化を促すには?

歯の自然治癒を促すためには、次のことを心がけましょう。

歯磨きとデンタルフロス

虫歯の原因菌は、歯に付着しているプラーク(歯垢)の中にいます。酸によって、歯が溶かされないように、毎日の歯磨きを徹底しましょう。そのためには、正しい歯の磨き方を身につけることが重要になります。

プラークは、歯と歯茎の間にたまりやすいとされています。歯磨きをする際は、歯の表面の根元に歯ブラシを45度の角度で当てるようにし、歯茎にも軽く触れるように歯を磨くようにしましょう。1本ずつ丁寧に磨き、歯ブラシを動かす際は5mm程度の幅で小刻みに動かしていきましょう。

また、歯ブラシだけでは、歯と歯の間のプラークを取り除くことはむずかしいので、デンタルフロスも併用することが大切です。

フッ素を塗布する

フッ素には、虫歯菌の活動を抑え、歯を虫歯になりにくくする効果があります。フッ素入りの歯磨き粉を使ったり、歯磨き後にジェルタイプのフッ素を歯に塗ったりしましょう。

間食の回数を減らす

ちょっとした間食でも、口の中で酸が作られ、歯が溶かされてしまいます。もちろんその後で、再石灰化も行われますが、食事の回数が多かったり、ダラダラと食べ続けたりしていると、歯が溶ける時間が長くなります。1日3食の規則正しい食生活を送り、間食を控えるようにしましょう。また間食をするなら、ちょこちょこ食べるのではなく、時間を決めて食べることが大切です。

キシリトールガムを噛む

キシリトールには、虫歯の発生や進行を抑制する効果があります。さらに、キシリトールガムを噛めば、唾液の分泌量が増え、再石灰化を促進してくれます。食後に、キシリトールガムを噛むのがおすすめです。

就寝前に食べない

睡眠中は唾液の分泌が減って、再石灰化が起こりにくくなります。寝る直前に食事や間食をすると、歯が溶け続けてしまいます。夜、寝る前に歯を磨いたら、それ以降は飲食をしないようにしましょう。

再石灰化の注意点

今回は、虫歯の自然治癒を促進する方法をご紹介しました。しかし、再石灰化で修復できるのは、穴が空く前の初期段階の虫歯の場合です。穴が空くほど進行した虫歯では、唾液の力で進行を止めることはできても、治すことはできないといわれています。

また、虫歯が治っているのか、進行が止まっているのかは歯科医でないと確認することができません。「再石灰化されているから大丈夫」などと考えず、定期的に歯科医院で歯の検査を受けましょう。その際、歯のクリーニングを受けるのも、虫歯の予防に大いに役立ちます。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

虫歯の基礎知識についての関連記事

関連Q&A

虫歯 サブテーマ

虫歯の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ