スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

虫歯

虫歯予防に大切な4つのことと5つの習慣

更新日:2016/12/09 公開日:2015/03/03

天野聖志先生

この記事の監修ドクター

天野歯科医院 院長

天野聖志先生

この病気・症状の初診に向いている科
歯科

虫歯ができると、日常生活に支障が出てしまうので、しっかりと予防をしていきたいものです。でも、気をつけているのに、虫歯ができてしまうという人もいます。そこで今回は、ドクターの監修のもと、虫歯の正しい予防方法をご紹介します。

虫歯ができる仕組み

「毎日歯磨きをしているのに、なぜか虫歯ができてしまう」という方は、虫歯の予防方法が間違っているのかもしれません。ここでは、虫歯の正しい予防方法をご紹介します。

虫歯は、虫歯の原因菌である「ミュータンス菌」が、食べ物や飲み物に含まれる糖分をエサにして酸をつくり出し、この酸によって、歯が溶かされてしまうことで起こります。ミュータンス菌は糖分に出会うと増殖し、ネバネバしてくっつきやすい「グルカン」という物質を放出します。このグルカンが歯に付着し、そこに、いろいろな細菌が集まってできたのが、「プラーク(歯垢)」。そして、このプラークの中の細菌が、糖分を取り込んで酸をつくり出すことで、プラークと接触している歯の表面が溶かされていくのです。

虫歯予防に大切な4つのこと

正しい歯磨き法

虫歯を予防するためには、プラークを取り除き、ミュータンス菌を減らすことが大切です。そのためには正しく歯磨きをすること。プラークは、歯と歯茎の間にたまりやすいので、歯ブラシを歯の表面の根元に直角に当て、歯茎にもブラシが当たるようにして歯を磨きましょう。歯ブラシは、5mm程度の幅で小刻みに動かすようにし、1本ずつていねいに磨きます。

また、プラークは歯と歯の間にもたまりやすいのですが、歯ブラシでは届きません。そこで、歯磨きをしたあとにデンタルフロスを使い、歯と歯の間もきれいにしておきましょう。

歯磨きをするタイミング

甘いものに限らず、食べ物には糖分が含まれているので、食事をすればミュータンス菌が酸をつくってしまいます。ですから、食事をしたあとは、早めに歯を磨くようにしましょう。

忙しいと、毎食後ていねいに歯を磨くのは、難しいものです。しかし、細菌は唾液の分泌が少なくなり、口の中が乾きやすい睡眠中にもっとも繁殖してしまいます。食後の歯磨きを短時間で済ませたいという方も、就寝前だけは時間をかけて、しっかりと歯を磨くようにしましょう。

虫歯予防の歯磨き粉は?

歯磨き粉にはいろいろなものがありますが、虫歯予防のためには「フッ素」が配合されたものを使いましょう。フッ素には歯を虫歯になりにくくしたり、ミュータンス菌の活動を抑えたりする作用があります。ただし、せっかくフッ素入りの歯磨き粉を使っても、何度も口をすすいでしまうと洗い流されてしまいます。歯磨きをした後に口をすすぐときは、少し歯磨き粉の味が残る程度に、軽くすすぐだけに留めておきましょう。

食生活で心がけることは?

唾液には口の中の細菌を洗い流したり、細菌によって溶かされた歯のエナメル質を再生したりする働きがあります。食事をするときは、しっかりとよく噛んで食べ、唾液の分泌を活発にしましょう。

甘いものばかり食べたり飲んだり、ダラダラと長時間にわたって間食を食べ続けていたりすると、口の中で酸がたくさん作られてしまいます。

甘いものはほどほどにする、間食は決まった時間に楽しむ、甘いものを口にしたらせめてうがいだけでもするなど、虫歯の予防策を常日頃からとり入れるようにしましょう。また、甘いものの代わりに「キシリトール」が入ったガムを食べるのもおすすめです。

もし、それでも虫歯ができてしまったら?

エナメル質から歯の成分が溶け出してしまうことを「脱灰」といい、脱灰は、食事をするたびに起こっています。

しかし、カルシウムやリンは唾液にも豊富に含まれているので、少し時間が経つと、唾液によって歯の表面に補充され、歯が修復されていきます。これを「再石灰化」といい、虫歯を自然治癒させるためには、脱灰をできるだけ抑え、再石灰化を多くさせることが重要です。

再石灰化を促すために心がけたい5つのこと

(1)歯磨きとデンタルフロス

歯ブラシだけでは、歯と歯の間のプラークを取り除けないので、デンタルフロスも併用しましょう。

(2)フッ素を塗布する

フッ素配合の歯磨き粉を使用しましょう。

(3)間食の回数を減らす

食事の回数が多いとその分歯が溶ける時間が長くなります。1日3食の規則正しい食生活を送り、間食を控えるようにしましょう。また間食をするなら、ちょこちょこ食べたりせず、時間を決めて食べることが大切です。

(4)キシリトールガムを噛む

キシリトールには、虫歯の発生や進行を抑制する効果があります。また、ガムを噛むことにより、唾液がたくさん分泌され、再石灰化を促進してくれます。食後はキシリトールガムを噛むのがおすすめです。

(5)就寝前に食べない

睡眠中は唾液の分泌が減って、再石灰化が起こりにくいので、夜寝る前に歯を磨いたら、それ以降は飲食をしないようにしましょう。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

虫歯の予防と対策についての関連記事

関連Q&A

虫歯 サブテーマ

虫歯の予防と対策 記事ランキング

fem.リサーチ