スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

歯周病(歯槽膿漏・歯肉炎)

抗生物質「ジスロマック(アジスロマイシン)」を使った歯周病治療

更新日:2016/12/15 公開日:2015/03/02

この病気・症状の初診に向いている科
歯科

歯周病の治療ではプラークコントロールが基本ですが、それと合わせて薬を使って歯周病菌を殺菌することもあります。今回はドクターの監修のもと、特に効果が高いといわれる抗生物質「ジスロマック」についてご紹介します。

診察中

歯周病の治療には薬を使うこともある

歯周病の原因は、プラーク(歯垢)の中にいる細菌なので、歯科医院で物理的にプラークや歯石を除去してもらいつつ、患者本人が毎日しっかりと歯磨きを行い、プラークコントロールをすることが治療の基本になります。しかし、それに合わせて細菌の増殖を抑制するための薬が処方されることもあり、中でも最近注目されているのが、「ジスロマック」という薬です。

ジスロマックとは?

ジスロマックは、「アジスロマイシン」という成分が入った抗生物質で、歯周病だけでなく、喉の炎症や中耳炎、肺炎や気管支炎など、細菌が原因で起こる化膿性の炎症に使われる薬です。

歯周病菌の温床となるプラークは、付着してすぐなら歯ブラシでこすって落とすことができますが、そのままにしているとプラークが増殖して厚みを増し、「バイオフィルム」という膜をつくってしまいます。バイオフィルムは、細菌同士が寄り集まってスクラムを組み、へばりついている状態なので付着力がとても強く、歯ブラシでこすっても落とすことができません。また、耐性も強いので、抗生物質や抗菌剤などの薬も膜に跳ね返されてしまい、内側に浸透することができないのです。

しかし、ジスロマックの効果はとても強力で、バイオフィルムの中の細菌まで死滅させることができます。また、1日1回の服用を3日間続ければ効果が2週間ほど持続するので、その間に歯周ポケットの奥深くにできたプラークも取り除くことができます。ジスロマックを服用すると、胃腸から吸収され、血液に取り込まれたあと炎症を起こしている病巣の部分に移動し、そこで留まってくれます。このため、患部だけに効き目を発揮して体全体へは広がらないので、副作用が少ないというメリットもあります。現在主に報告されている副作用には、下痢などの消化管症状が多いようですが、過去には横紋筋融解症や肝臓障害なども報告されていますので、内服後に違和感を感じたらすぐに医師へ連絡するようにしましょう。

ジスロマックさえあれば歯周病にならない?

そんなふうに聞くと、「ジスロマックさえあれば、歯周病と無縁の生活をずっと送れる」と思うかもしれません。でも残念ながらジスロマックを何度も繰り返し飲んでいると、「耐性菌」といって薬が効かない菌が出てきてしまうので、そう何度も使える薬ではないのです。また、歯周病菌を死滅させても、歯磨きを怠っていると、また菌が増えてしまい歯周病を再発してしまいます。

歯周病の再発を予防するためには、毎日徹底して歯磨きをすること、定期的に歯科医での歯のクリーニング(PMTC)を受け、プラークコントロールをしていくことがなにより大切です。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

歯周病(歯槽膿漏・歯肉炎)の予防と治療についての関連記事

関連Q&A

歯周病(歯槽膿漏・歯肉炎) サブテーマ

歯周病(歯槽膿漏・歯肉炎)の予防と治療 記事ランキング

fem.リサーチ