スキンケア大学 メンズスキンケア大学

顔の赤みの原因と治療法

皮膚が薄いのが赤みの原因?

更新日:2017/10/13 公開日:2015/04/30

皮膚は分厚いよりも薄いほうが、透明感があってきれいというイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、「肌の赤み」という観点で考えると、皮膚が薄いのは考えものです。今回は、その理由と、皮膚が薄くなってしまう原因について解説します。

皮膚の薄さが赤みにつながる理由

皮膚の薄さが肌の赤みにつながるのは、毛細血管が透けて見えてしまうからです。私たちの皮膚には、上から「表皮」「真皮」「基底層」という3つの層があります。そのうち、毛細血管が集中しているのは、上から2番目の真皮なので、通常であれば、肌の表面から、毛細血管が透けて見えるようなことはありません。しかし、真皮の上にある表皮が薄いと、毛細血管が透け、その中を流れる血液の色で、肌が赤く見えてしまうのです。

また、表皮の1番上には、「角質層」という薄い膜があり、ウイルスや細菌、ホコリ、紫外線などといった外部からの刺激が、肌の中に侵入するのを防ぐ、バリアとして機能しています。しかし、皮膚が薄いということは、この角質層が薄く、バリア機能が弱いということ。このため、ちょっとした刺激でも、すぐに肌が炎症を起こしてしまい、赤くなってしまいやすいのです。

皮膚が薄くなる原因は?

皮膚が薄い原因は、生まれつきの体質というケースもありますが、間違ったスキンケアによって、自分で皮膚を削ってしまっているケースも多くあります。

クレンジングや洗顔のときに、手で肌をゴシゴシこすって洗っていたり、洗顔後も、タオルでこすって拭いていたりすると、皮膚が削れて薄くなってしまうのです。こすり落とすタイプのピーリングを頻繁に使ったり、強くこすりながらフェイスマッサージをしたりするのも、肌を薄くする原因になります。また、刺激の強い成分が入った化粧品を使っていると、たとえ強くこすらなくても、化粧品の刺激で、肌が削れてしまうことがあります。

そのほか、アトピー性皮膚炎などの治療で使う「ステロイド外用薬」の長期連用によっても、皮膚が薄くなることがあります。これは、ステロイド外用薬の副作用の1つに、皮膚が薄くなって、表面にシワができる「皮膚萎縮」という症状があるためです。

また、加齢にともなって、肌の弾力の源になる「コラーゲン」や「エラスチン」が減ってしまったり、新しい肌細胞を生み出す力が衰えたりすることも、皮膚が薄くなる原因になります。

あわせて読みたい

顔の赤みの原因と治療法

キーワード

【注目キーワード】

関連Q&A

赤ら顔・肌の赤みの他の記事を読む