スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

部分痩せダイエット

太いのはむくみが原因かも?むくみ解消でふともも痩せ

更新日:2017/07/26 公開日:2015/07/14

古川美佳

この記事の監修専門家

インストラクター

古川美佳

ふとももを太くしている原因のひとつに「むくみ」があります。むくみを解消すれば、脚が3割細く見えるという声もあるほど。では、むくみとはどういったメカニズムで起こるのでしょうか?また、ふともも痩せに効果的なむくみ解消法はあるのでしょうか?専門家監修のもと、詳しく解説します。

体を太く見せる原因のひとつ、むくみ。ふとももも例外ではありません。むしろ、上半身に比べてむくみやすい部位とされています。その理由とは、いったいどこにあるのでしょう?むくみが起こるメカニズムと、これを解消する効果的な方法について解説します。

脚のむくみの原因は?

むくみとは、血流の悪化によりリンパの流れが滞ることで、本来排出されるべき水分が体内に溜まってしまった状態を指します。脚は、体の中でもっともむくみやすい部位です。それは、脚は心臓から離れていることから血流が悪くなりやすく、また、重力の関係で水分が溜まりやすいためです。

血流とリンパの流れを悪化させる主な原因には、「冷え」「運動不足」「水分の過剰摂取」があります。

冷えによってむくむのは、自律神経が鈍るためです。体が冷えて血管が収縮すると、代謝をつかさどる自律神経がうまく働かなくなり、リンパ液を流す指令が伝わりにくくなります。また、運動不足による筋力の低下も、リンパの流れを滞らせます。というのも、筋肉は血液を心臓に押し戻すポンプの役割も担っているためです。よって、衰えると血流の悪化につながり、それにともなってリンパの流れも滞ります。デスクワークなど、長時間同じ姿勢でいるとむくみやすいのは、筋肉が使われなかったことによるものです。

また、水分を多くとりすぎても、むくみが引き起こされます。それは、水分摂取量が多すぎると排泄が間に合わなくなり、体内に溜まってしまうためです。

正常な状態でも、水分量によって体重は1㎏ほど変動するといわれています。順天堂大学医学部の小林弘幸教授によると、「むくみを解消すれば、解消される前より3割ほど痩せて見えるようになる」とのこと。むくみの予防・解消を心がければ、美脚に一歩近づけるかもしれませんね。

むくみ解消にはマッサージが効果的

むくみ解消のポイントは、溜まっている水分や老廃物を流すことにあります。これにもっとも効果が期待できるのが、リンパマッサージです。滞っているリンパの流れを改善することで、老廃物を排出しやすくするのです。

リンパマッサージを始める前に、まずは体全体を温めましょう。全体の代謝が上がると血行やリンパの流れが促進されるので、脚のマッサージ効果もアップ。お風呂上りが特におすすめです。

マッサージは、まずリンパ節(鼠蹊部※、ヒザ裏、足首)をほぐすことから始めます。こうすることで、老廃物が排出されやすくなります。

※鼠蹊(そけい)部~ふとももの付け根にある溝の内側。

マッサージは、足先からふとももに向かって下から上に行うのが基本です。リンパ管にはリンパ液の逆流を防ぐための弁があるので、逆方向に行うと流れていきません。また、摩擦による刺激を肌に与えないよう、マッサージ用クリームやオイルを使用してください。

マッサージはゆっくりと、優しくなでるように行いましょう。足を両手で包み込み、手のひらを使ってソフトになで上げていきます。リンパ液の流れは「1分間に10cm~20cm程度ととてもゆっくりなので、スピードを上げても意味はありません。血管に沿って、リンパの流れを改善するイメージでなでるのがポイントです。気持ちよければ、多少強く圧をかけてもかまいません。ただし、赤ちゃんの頭を撫でる程度でツボを押しながら行っても効果的です。

マッサージができないときは、着圧ソックスを履いても効果があります。

マッサージをする際の注意点

マッサージは血流をよくするため、血行が高まりすぎている飲酒後は避けましょう。また、食後に行うと、消化のために必要な血液が分散してしまい、消化不良を起こすことがあります。食後2時間程度は空けるようにしましょう。

体調が悪いとき、けがをしているときも、腫れや炎症などを悪化させる恐れがあるため禁物です。また、妊娠初期は、強い刺激により流産の原因になる場合があるので控えましょう。中期や後期は、初期ほど神経質になる必要はありませんが、安易なマッサージはトラブルのもとになる可能性があります。むくみやすい時期でもあり、マッサージをしたくなると思いますが、行う際は十分注意してください。

ご自身・ご家庭でいわゆるマッサージや指圧(ツボ押し)などをする際の注意点

  1. 1.マッサージや指圧などは身体に影響を及ぼす行為です。ご自身・ご家庭で行う場合は、部位の把握や力の加減が難しく、身体への影響には個人差があります。
  2. 2.病気やケガ、痛みがある場合は、マッサージや指圧などをするまえに医師の診断やアドバイスを受けましょう。
  3. 3.食後、飲酒時、妊娠中など、普段と異なる体調の際は、自己判断によるマッサージや指圧などは避けましょう。
  4. 4.マッサージや指圧などをしたことで体調が悪くなったり、痛みなどが出た場合は、すぐに医師に相談しましょう。また、症状が改善しなかったり悪化したりするようなら、医療機関を受診しましょう。

太ももダイエットについての関連記事

部分痩せダイエット サブテーマ

太ももダイエット 記事ランキング

fem.リサーチ