スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

加齢黄斑変性

黄斑変性症の原因”新生血管”とは

更新日:2016/12/09 公開日:2015/06/30

池上正人先生

この記事の監修ドクター

たんぽぽ眼科 院長

池上正人先生

この病気・症状の初診に向いている科
眼科

日本人に多い滲出型の加齢黄斑変性は、「新生血管」という本来はないはずの異常な血管ができることで起こります。ドクター監修のもと、新生血管ができる仕組みと、新生血管が生じることで起こる問題点について解説します。

加齢黄斑変性には、「滲出型」と「萎縮型」の2種類があります。日本人に多いのは、滲出型で、このタイプは「新生血管」という異常な血管ができることで生じます。ここでは、新生血管がどういうものなのか、生じることでどのような問題が起こるのかについて詳しく解説します。

新生血管ってなに?

眼球には、外側から「強膜(きょうまく)」「脈絡膜(みゃくらくまく)」「網膜(もうまく)」という3つの膜があり、中でもたくさんの情報を処理している網膜細胞は、常に新陳代謝をくりかえしています。新陳代謝の際には老廃物が生じますが、若いうちは、スムーズに処理されて消化されるので問題ありません。しかし、年をとると処理能力が衰えるので、老廃物が網膜と脈絡膜の間に溜まってしまいます。

老廃物は、本来そこにあるべきものではないので、溜まると慢性の弱い炎症を誘発します。すると、炎症を鎮めるための化学物質が放出されますが、この化学物質には新しい血管の発生を促す作用があるため、脈絡膜から新しい血管(新生血管)が生えてきてしまうとされています。他に、老廃物が溜まると網膜の中でも特に重要な働きをする「黄斑」という組織の血液循環が悪くなり、それを補うために新生血管ができるという説もあります。

新生血管ができると何が問題なの?

脈絡膜の毛細血管は、本来であれば網膜に入り込むことはありません。しかし、新生血管の場合は細胞を突き破って網膜に侵入してくるので、押し上げられた網膜が歪み、それにともない視野も歪んでしまいます。また、新生血管は通常の血管と違ってもろく、血液成分が漏れ出たり、血管が破れて出血したりします。その漏れ出た成分や血液によって黄斑の機能が侵され、視力障害が引き起こされます。

このようにして起こる滲出型の加齢黄斑変性は、進行スピードが早く、症状も重症化しやすいといった特徴があります。しかし、治療によって症状の進行を遅らせたり、視力をこれ以上悪化させないようにすることは可能です。早期発見、早期治療が大切になりますので、少しでも異変を感じたら早めに医療機関に相談しましょう。

加齢黄斑変性の基礎知識についての関連記事

加齢黄斑変性 サブテーマ

加齢黄斑変性の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ