スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

加齢黄斑変性

モノの見え方がゆがんで見える?加齢黄斑変性簡単セルフチェック

更新日:2016/12/09 公開日:2015/06/30

池上正人先生

この記事の監修ドクター

たんぽぽ眼科 院長

池上正人先生

この病気・症状の初診に向いている科
眼科

近年、日本人にも増加している「加齢黄斑変性」。進行すると失明することもある病気ですが、初期は発症に気づきにくい傾向があります。そこで今回は、異変に早く気づくためのセルフチェック方法をご紹介します。

加齢黄斑変性は早期発見・早期治療が重要

加齢黄斑変性とは、網膜の中心部にある「黄斑」という組織が、老化によって障害されることで起こる病気です。黄斑には、ものの形や大きさ、色などを識別する「視細胞」が集中しており、網膜の中でも、ものを見るための機能が高い重要な部分。このため、黄斑が障害されると、視界の中心部が歪んで見えたり、黒ずんで見えたり、視力の低下を引き起こします。進行すると、メガネをかけても矯正できない「社会的失明」にいたることも。また、片目から発症することが多いため、異常があっても、もう片方の目がフォローしてしまい、発症に気づきにくいのも特徴です。

とくに、日本人に多い「滲出型」の加齢黄斑変性は、突然症状が出て急速に進行するケースがほとんど。

適切な治療を受ければ、視力の維持や多少の改善はできますが、現在の医療では、元の状態にまで戻すことができません。このため、早期発見と早期治療が、視力を維持する上で重要な鍵になります。定期的にセルフチェックを行い、異常がないか確認するようにしましょう。

加齢黄斑変性のセルフチェック

加齢黄斑変性を早期発見するためには、毎日、片目ずつ細かいものを見て、見え方のチェックをするのがオススメです。特に、「アムスラーチャート」を使えば、見え方の異常に気づきやすいので便利です。

アムスラーチャートとは、碁盤のようなマス目の中心に黒い点が描かれたもので、加齢黄斑変性の兆候を見つけるのに有効なチェックシートです。「アムスラーチャート」で検索すると、用紙を印刷できるWeb サイトがたくさんあります。また、A4程度の大きさの紙に、定規で1センチ間隔のタテ線、ヨコ線(各10本程度)をひいて格子を描き、格子の中央に直径2ミリ程度の黒丸を描けば、自分でも同じようなものを作ることができます。

【アムスラーチャートを使ったチェックの手順】

(1)メガネなどはかけたまま、アムスラーチャートから30センチほど離れます

(2)片目を閉じて、表の中央の黒い点を見つめ、見え方をチェック

(3)もう片方の目も、同じようにチェックをします

格子の中央辺りが歪んで見えたり、暗くぼやけたり、部分的に欠けて見えたりする場合は、加齢黄斑変性の可能性があります。すぐに眼科を受診しましょう。

加齢黄斑変性の予防・改善方法についての関連記事

加齢黄斑変性 サブテーマ

加齢黄斑変性の予防・改善方法 記事ランキング

fem.リサーチ