スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

糖尿病

糖尿病とインスリン注射の効果

更新日:2016/12/09 公開日:2015/09/28

堺浩之先生

この記事の監修ドクター

さかい医院 院長

堺浩之先生

この病気・症状の初診に向いている科
内科

糖尿病の薬物療法ではインスリン注射が用いられることがありますが、必要とされるのはどのようなケースなのでしょうか?インスリン注射の効果、種類なども含め、ドクター監修のもと詳しく解説します。

糖尿病の薬物療法では「インスリン注射」が用いられることがあります。ここでは、インスリン注射の効果と種類、必要になるケースについて解説します。

インスリン療法が必要になるケースとは?

糖尿病とは、すい臓から分泌されるインスリンの量が少なかったり、きちんと作用しなかいことで食べ物から摂取した糖質をうまく利用できず、血液中にブドウ糖(血糖)が増えすぎてしまう病気です。このインスリンを注射で補い、血糖値を良好な状態にコントロールしていくのが「インスリン療法」です。

糖尿病には、大きく分けると「1型糖尿病」と「2型糖尿病」があります。1型糖尿病の人は、インスリンの分泌がほとんど、もしくは全くないので、定期的にインスリン注射を行って外部から補う必要があります。

一方、2型糖尿病の人は、すい臓にインスリンを分泌する力がいくらか残っているので、ほかの飲み薬を飲んでも血糖コントロールが難しい場合や、重い肝障害・腎障害・感染症などがあるときにインスリン注射で治療を行います。また、妊娠中や授乳中、全身麻酔が必要な手術を受ける場合などにも行われます。

インスリン注射のメリット

インスリン注射は、「自分で注射を打つのが怖い」「一度始めると一生やめられなさそうなのが嫌だ」と、敬遠する人が少なくないようです。しかし、現在のインスリン注射は万年筆のような形をした「ペン型注射器」が主流で扱いが簡単ですし、針も糸のように細いので痛みは少ないです。また、インスリン注射を打つことで、すい臓を休ませて機能を保持・回復させることもできるので、2型糖尿病の人の場合は、血糖コントロールが改善すれば飲み薬での治療に戻せることもあります。

インスリン製剤の種類

注射で使われる「インスリン製剤」には、効き目が現れる時間・続く時間によって、いくつかの種類に分類することができます。

超速効型

健康な人は、血液中に常に少量のインスリンが分泌(基礎分泌)されており、さらに食後に血糖値が上昇すると大量に分泌(追加分泌)されることで、血液中のブドウ糖量が一定に保たれるよう調整されています。

「超速効型」は、食後のインスリン追加分泌を補うタイプのインスリン製剤です。注射をしてから10~20分程度で効果が現れるので、食事の直前に注射することで、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。「速効型」と違って食事の直前に注射できるので、仕事の都合などで食事時間が不規則な人に便利です。また、3~5時間で効果が消失するので、次の食事までの間に低血糖が起きるリスクを減らすことができます。

速効型

食後のインスリン追加分泌を補うタイプのインスリン製剤です。注射をしてから30分~1時間で効果が現れるため、食事の約30分前に注射することで、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。効果は5~8時間で消失します。

中間型

基礎分泌を補うタイプのインスリン製剤で、空腹時血糖の上昇を抑制します。注射してから1~3時間で効果が現れ、18~24時間ほどで消失します。食前や寝る前などに注射します。

混合型

超速効型(または速効型)と中間型をあらかじめ混合したタイプのインスリン製剤で、インスリンの基礎分泌と追加分泌の両方を補えます。

持効型

基礎分泌を補うタイプのインスリン製剤で、空腹時血糖の上昇を抑制します。注射してから1~2時間で効果が現れ、ほぼ1日持続します。食前や寝る前などに注射します。

使用するインスリン製剤のタイプや注射の回数、タイミングなどは、患者の病状やライフスタイルなどを考慮して、もっとも適した方法を医師が選択します。

糖尿病の治療と検査についての関連記事

糖尿病 サブテーマ

糖尿病の治療と検査 記事ランキング

fem.リサーチ