スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

関節痛・変形性膝関節症

辛い関節の痛みの原因と対処法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/09/28

この病気・症状の初診に向いている科
整形外科

関節が腫れる、特定の動作をすると痛む、何もしていなくても痛いなど、関節の痛みはさまざまですが、原因にもいろいろなことが考えられます。専門ドクター監修のもと、関節痛の主な原因と、それぞれの原因の対処法について解説します。

関節の痛みといっても、どの部位の関節がどのように痛むのか、また、どういった状況のときに痛むのかなど、症状・原因ともにさまざまです。関節の痛みの主な原因と対処方法について解説します。

関節の痛みにはさまざまな原因がある

関節痛の原因には、さまざまなものが考えられます。代表的な原因は、変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)や関節リウマチといった病気によるものです。また、近年では、運動のし過ぎによる関節障害が増えています。これは、体力不足などを感じて中高年になってスポーツを始めた人に多く、自分の体の調子に合わない激しい運動をすることで関節を傷めます。ほかにも、肥満や日常のちょっとした動作などが、関節痛の原因になることもあります。関節が痛むといった点では同じですが、原因によっては対処法が異なることがあるので、注意が必要です。

原因によって異なる対処法

関節が痛むからといって、自己判断で湿布薬などによる治療を行うと、一時的によくなることもあります。しかし、かえって症状が悪化する可能性もあります。関節痛がある場合は、必ず原因を特定して、正しい治療を行うことが大切です。関節痛を起こす代表的な原因について、対処法を見ていきましょう。

変形性関節症の場合の対処法

変形性関節症は、関節の老化が原因で起こる関節痛。加齢によって軟骨がもろくなることで、周囲に炎症を起こします。変形性関節症の初期段階では、湿布薬を貼ると症状が治まるため、安心してしまいがちです。そのまま放置してしまうと、関節の軟骨がすり減るなどして症状が悪化してしまいます。関節に違和感があったら、病院を受診して適切な治療を受けましょう。また、普段から同じ姿勢を続けない、正しく歩く、肥満気味な場合は減量するなど、関節に負担をかけないように生活することが大切です。

関節リウマチの場合の対処法

関節リウマチは膠原病(こうげんびょう)の一つです。原因は、自己免疫疾患によるものです。通常、免疫は外部の細菌などから体を守ってくれますが、なんらかの原因によって、免疫が自分の体を攻撃して関節を破壊してしまいます。手足の指が腫れたりこわばったりするのが特徴です。関節痛のほかに、微熱や倦怠感、腎臓障害などが起こることもあります。変形性関節症とは区別し、適切な治療を行うために、早めに専門医を受診しましょう。病院では、症状を緩和する薬のほか、関節の破壊を止める薬が処方されたり、適切なリハビリを行ったりして治療していきます。

スポーツ時の関節障害の場合の対処法

スポーツをすると、主に膝(ひざ)に大きな力がかかります。いきなり走ったり跳んだりすると、ひざに負担がかかって、軟骨が割れることもあります。また、ひざ以外にも、足首のねんざやひじの脱臼などによっても関節痛が起こります。スポーツをしているときに関節に痛みを感じたら、数日間は運動を休んで炎症を抑え、様子を見ましょう。症状が落ち着かない場合は、病院を受診しましょう。また、準備運動をきちんと行う、体を徐々に慣らしてから動かす、運動後はストレッチなどでクールダウンするといったことを実践すると、関節痛を予防できます。

関節の痛みの原因にはいろいろあり、原因によって対処法が異なります。関節に違和感をおぼえた場合は、自己判断ではなく専門医を受診することをおすすめします。

関節と関節痛の基礎知識についての関連記事

関節痛・変形性膝関節症 サブテーマ

関節と関節痛の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ