スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

頻尿・夜間頻尿

過活動膀胱の症状と原因

更新日:2018/05/10 公開日:2015/09/28

この病気・症状の初診に向いている科
泌尿器科

過活動膀胱になると、突然、我慢できないほどの尿意が起こったり、何度もトイレに行ったりするようになります。ここではドクター監修の記事で、過活動膀胱の主な症状およびさまざまな原因について解説します。

「突然、我慢できないほどの尿意が起こる」「トイレへ行く間隔が非常に短い」「急にトイレへ行きたくなり、我慢ができず尿が漏れてしまうことがある」といった症状は、過活動膀胱(OAB)が原因かもしれません。

我慢できないほどの尿意が急に襲う過活動膀胱

過活動膀胱(OAB)には、

・我慢できないほどの尿意が急に襲う

・トイレが近く、1日に8回以上もトイレに行く

・排尿のために一晩に何回も目覚めることがある

といった頻尿の症状があります。尿を貯める(蓄尿)働きを持つ膀胱の機能障害のひとつで、膀胱の中に溜まっている尿の量に関係なく、勝手に膀胱の筋肉(排尿筋)が収縮し、突然の尿意を引き起こします。これらの症状は、手洗いや歯みがき、炊事などで水をさわったとき、外出から戻ったとき、散歩をしているときなど、予測のつかない思わぬきっかけが引き金となります。

最近の調査によると、40歳以上の男女の8人に1人に過活動膀胱に関するなんらかの症状がみられると推測されています。加齢も影響するため、高齢になるほど患者数は多く、80歳代においては40%近くに上るとのデータもあります。男女ともに起こる病気ですが、50歳以上では男性のほうに多くなる傾向があります。

男女で異なる過活動膀胱の原因

過活動膀胱の原因には、脳と膀胱(尿道)をつなぐ神経のトラブルによる「神経因性」のものと、それ以外の「非神経因性」のものがあります。

神経因性過活動膀胱

脳血管の障害(脳卒中や脳梗塞など)やパーキンソン病、脊髄に障害が起きたときの後遺症などによる、脳と膀胱および尿道の筋肉をつなぐ神経のトラブルが原因となるタイプです。適切なタイミングで膀胱(排尿筋)を締めたり緩めたりできないため、過活動膀胱の症状が出ます。

非神経因性過活動膀胱

神経トラブル以外の原因として考えられるものには、男性に特有な「前立腺肥大」、女性に特有な「骨盤底筋のトラブル」があります。

・前立腺肥大症が関連したもの

前立腺肥大症によって下部尿路が詰まって尿が出にくい状態が原因となり、起こります。トイレに行くたびに、出にくくなった尿を何とか排出しようすることで、膀胱に負担がかかり、結果として膀胱が少しの刺激にも過剰反応して過活動膀胱になります。

・骨盤底筋のトラブル

女性の場合、加齢だけでなく、妊娠や出産によって、膀胱・子宮・尿道などを支えている骨盤底筋に大きな負担がかかることがあります。これが、過活動膀胱の原因になります。弱くなったり傷んだりした骨盤底筋がうまく働かないことが排尿のしくみにも影響するのです。

・それ以外の原因

これ以外にも、なんらかの原因によって膀胱の神経が過剰に反応するケースや、原因が特定できないケース(特発性)もあります。こうした場合には、複数の要因が絡んでいると考えられ、実際には、このパターンがほとんどです。

過活動膀胱の原因と治療法についての関連記事

頻尿・夜間頻尿 サブテーマ

過活動膀胱の原因と治療法 記事ランキング

fem.リサーチ