スキンケア大学 メンズスキンケア大学

二の腕のブツブツ

毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の改善にはピーリングが効果的?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/09/28

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)を改善するための方法のひとつに、ピーリングがあります。ピーリングとはどのような治療法で、どのような効果が期待できるのでしょうか。ピーリングによる毛孔性苔癬の改善効果について解説します。

ピーリングとは

ピーリングとは「皮むき」という意味です。ピーリング治療は、化学薬品などを使って皮膚の表面をはぎ取り、新しい皮膚に再生させる方法を言います。施術方法によって、薬剤を肌に塗布するケミカルピーリング、レーザーを照射するレーザーピーリング、アルミニウムの微粒子を吹きつけるクリスタルピーリングに分けられます。

皮膚科や美容外科で行われるのは、主にケミカルピーリングです。肌の表面に薬剤を塗り、厚くなっている角質を溶かして肌のターンオーバー(新陳代謝)を高めることで、なめらかな肌へと導きます。薬剤を塗って角質を溶かすのと同時に、毛穴に詰まった老廃物を溶かすことができるため、ニキビの治療にも効果的といわれます。毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の治療でも、このようなメカニズムから二の腕のぶつぶつの改善を目指します。

ピーリング剤は、ドラッグストアなどでも入手できます。医療機関ほどの効果は期待できませんが、肌のターンオーバーを促進させたり、古い角質をはがすことは可能とされているので、手軽に行いたい場合はこちらを検討してみてもいいでしょう。行う場合は、アフターケアや紫外線対策はしっかり行いましょう。

ピーリングは毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の治療に効果的?

ピーリングを行うと余分な皮脂や角質を取り除けるため、毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の治療としても一定の効果が期待できるとされています。実際、美容外科などでは、毛孔性苔癬の治療としてピーリングが行われています。

ただし、ピーリングでは毛孔性苔癬を完治させることはできません。なぜなら、ピーリングは古い角質をはがして肌の表面だけを改善するためです。ぶつぶつが起こらないように定期的に受ける必要があり、ピーリングをやめると元の状態に戻ってしまうといわれています。

毛孔性苔癬を完治させるためには、角質表面の治療ではなく、もっと皮膚の深い部分まで届く治療が必要になります。

※皮膚の深部にアプローチする治療法については『毛孔性苔癬(毛孔性角化症)の治療|ダーマローラーとは』をご覧ください。

ピーリングは、医療機関だけではなく自宅でも気軽に行え、ある程度の効果が期待できる治療法と言えます。ただし、毛孔性苔癬の完治までには至らないことを覚えておきましょう。

あわせて読みたい

二の腕のブツブツ

キーワード

【注目キーワード】

関連Q&A

ボディケアの他の記事を読む