スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

二日酔い

二日酔いにグレープフルーツ(ジュース)が効果的って本当?

更新日:2018/06/18 公開日:2015/09/30

二日酔いのときは柑橘系のジュースが飲みたくなりませんか? 巷では「グレープフルーツが二日酔いによい」といわれますが、本当でしょうか? ここでは海外で行われた研究結果を踏まえ、二日酔いとグレープフルーツの関係について解説します。

グレープフルーツジュースの画像

二日酔いへの効果を期待できるといわれている食べ物、飲み物は数多くありますが、ここではそのひとつであるグレープフルーツの二日酔いへの効果について解説します。

グレープフルーツが二日酔いによいといわれる理由

一般的に、果物に含まれる「果糖」(フルクトース)にはアルコールの分解を助ける効果が多少あると言われています[1]。「グレープフルーツが二日酔いによい」といわれる理由は、この果糖を含んでいるためというのが一つあるのではないでしょうか。

そこで、果糖と二日酔いに関する研究を調べてみたところ、1976年に発表されたある論文が見つかりました[2][3]。これは海外で行われた試験で、109人の健康な男性を対象に、3時間で体重1kgあたり1.75gのアルコール(体重60kgなら日本酒約5合に相当)を飲ませてから、飲酒後12時間後に体重1kgあたり0.5gの果糖(体重60kgならグレープフルーツジュース約850mLに相当)を飲ませた試験です。この結果、残念ながら二日酔いの症状自体が改善したという知見は得られませんでした。しかし、果糖を摂取した場合は、アルコールによって引き起こされる代謝障害を改善したと報告されています。

二日酔いはアルコールを分解する過程で生成される毒性をもった物質「アセトアルデヒド」の解毒が遅れて体内に蓄積されるために起こるという説が一般的に知られています。しかし、二日酔いのメカニズムについては未だによく分かっておらず、アセトアルデヒドの蓄積だけでなく、脱水状態や低血糖、電解質(ミネラル)の異常などが絡み合って起こっていると考えられています[4]。原因が一つでないことから、解決法も一筋縄ではいかないのでしょう。果糖、そして果糖を含むグレープフルーツなどが二日酔いの症状を改善する、とはいえないようです。

薬を飲んでいる人はグレープフルーツに注意

しかし、グレープフルーツジュースはさっぱりして美味しいので、なんとなく二日酔いの朝に飲むのが習慣になっている人も多いと思います。水分や糖分、電解質の補給としてはよい飲み物ですが、高血圧や脂質異常症などの薬を日常的に飲んでいる人は注意してください。これらの薬の一部は、グレープフルーツなどの柑橘類に含まれる「フラノクマリン」という成分により薬の作用が強められてしまいます。フラノクマリンと飲み合わせの良くない薬を処方してもらったときには、医師や薬剤師からその旨が指導されているはずです。心配なようなら医師や薬剤師に飲み合わせについて確認してみましょう。

果糖を含む食品にはグレープフルーツの他に何がある?

果糖を含むのはグレープフルーツだけではありません。果物全般に多く含まれています。いくつか例をあげてみましょう。すべて100gあたりの数値で、ジュースの場合は濃縮還元ではなくストレートです[5]。

  • グレープフルーツ:2.2g
  • グレープフルーツジュース:3.5g
  • バレンシアオレンジジュース:2.4g
  • 温州みかんジュース:2.8g
  • パイナップルジュース:2.8g
  • ぶどうジュース:7.2g
  • りんごジュース:6.4g
  • キウイフルーツ:4.0g
  • 梨:3.8g

なお、上記のうちグレープフルーツ以外はフラノクマリンが入っていません。二日酔い対策で果糖を摂りたいときの参考になさってください。とはいえ、一番良いのは二日酔いになるまで飲まないことです。二日酔いを予防するための対策については『二日酔いの原因と予防法、なってしまったときの対処法』をご覧ください。

参考文献

  1. [1]松下幸生. “宴席での飲酒―飲む前にしっておいてほしいこと” アルコール健康医学協会NEWS&REPORTS,No.2(平成24年11月号).
  2. http://www.arukenkyo.or.jp/book/all/pdf_nr/nr_18_02.pdf(参照2018-03-05)
  3. [2]Ylikahri RH et al. Effects of fructose and glucose on ethanol-induced metabolic changes and on the intensity of alcohol intoxication and hangover. Eur J Clin Invest. 1976; 6(1):93-102.
  4. [3]Pittler MH et al. Interventions for preventing or treating alcohol hangover: systematic review of randomised controlled trials. BMJ. 2005; 331(7531):1515-8.
  5. [4]樋口進. “二日酔いのメカニズム” e-ヘルスネット.
  6. https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-005.html(参照2018-03-05)
  7. [5]香川明夫監. “炭水化物成分表” 七訂食品成分表2017. 女子栄養大学出版部

二日酔いと食べ物・飲み物についての関連記事

二日酔い サブテーマ

二日酔いと食べ物・飲み物 記事ランキング

fem.リサーチ