スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

二日酔い

二日酔いの朝におすすめの味噌汁とは

更新日:2017/06/20 公開日:2015/09/30

二日酔いのときにおすすめしたいのが味噌汁です。味噌によい作用があるだけでなく、具材によっても二日酔いへのさまざまなメリットが期待できます。ここでは、二日酔いのときに味噌汁を飲むメリットをドクター監修のもと解説します。

二日酔いのときによいとされている味噌汁。その理由や、おすすめの具について詳しく解説します。

アルコールの排出に役立つ「味噌」

味噌には、コリンという成分が含まれており、コリンにはアルコールが脂肪となって肝臓に溜まるのを防ぐ作用に期待ができます。肝臓に脂肪が蓄積すると脂肪肝になり、肝臓の機能は低下します。機能が低下してしまうと、アルコールを分解する力も弱まります。コリンによって脂肪肝の状態が解消されると、肝機能は回復します。肝機能が高まることでアルコールの分解作用も高まり、体内に溜まっているアルコールを早く体外へと排出することができるため、二日酔いの症状を起こしにくくなります。お酒をよく飲むという人は普段から味噌を使った料理を食べるようにするとよいでしょう。

味噌汁の具におすすめ!二日酔いによい食材

二日酔いの症状をやわらげるには、それに役立つ成分が入った食材を味噌汁の具に選ぶとよいでしょう。具におすすめの食材を以下で紹介します。

しじみ

しじみには、アルコールの代謝を促すアラニンやグルタミン、肝機能をサポートするメチオニン、胆汁の分泌を促すタウリンといった肝臓によい栄養素が豊富に含まれています。特に注目したいのがオルニチンです。オルニチンは、アンモニアの分解を促し、肝臓本来の機能を回復させる働きをもったアミノ酸です。しじみは、ほかの食材に比べて、特にオルニチンが豊富に含まれています。

あさり

あさりに豊富に含まれるタウリンには、胆汁の生成を促し、肝機能を高める働きがあります。また、二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドを分解する酵素の働きを助け、肝臓にかかる負担を軽減するともいわれています。さらに、体内に取り込まれたアルコールを無毒化し、体外へ排出する解毒作用もあります。

ブナシメジ

ブナシメジには、肝機能を高める作用をもつオルニチンが、しじみの5倍以上も含まれているといわれています。

白菜

白菜に含まれているグルコシノレートには、肝臓を解毒する作用があるため、二日酔いによる不快な症状の解消に役立つといわれています。さらに、アルコールの分解をサポートするビタミンCも豊富です。

二日酔いと食べ物・飲み物についての関連記事

二日酔い サブテーマ

二日酔いと食べ物・飲み物 記事ランキング

fem.リサーチ