スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

喘息

食事にも注意を!喘息によい食べ物と気をつけたい食べ物

更新日:2016/12/09 公開日:2015/10/28

この病気・症状の初診に向いている科
呼吸器科

食べ物は喘息を誘発する原因のひとつです。人によって反応する食べ物はさまざまですが、アレルギーだと推測されるものはなるべく摂取を避けましょう。喘息予防に役立つ食べ物と、控えるべき食べ物などをご紹介します。

喘息を予防する秘訣は、食べ物にあります。喘息予防によい食べ物には何があるのでしょうか?ここでは、推奨されている食べ物と、喘息の人に避けてほしい食べ物をご紹介します。

食べ物が喘息の原因に

喘息を誘発する原因には、ちりやほこり、風邪や運動、ストレス過多など、さまざまな要因がありますが、食物アレルギーが原因で喘息を引き起こすこともあります。

アレルゲンになる食べ物には、たとえば、卵、牛乳、ピーナッツ、イワシ・エビなどの魚介類、タケノコや山芋などの野菜、そば、香辛料などがあります。以前にじんましんなどの症状を起こした可能性のある食べ物は摂取を控えましょう。

喘息予防に役立つ食べ物と、控えるべき食べ物

食物アレルギーをもっていなくても、食事には注意してください。食べ過ぎは横隔膜の機能が鈍くなり、呼吸運動が妨げられるので腹八分目を意識しましょう。また、冷たい食べ物・飲み物は気道を刺激するので喘息発作の原因になります。香辛料などの刺激物も気道を刺激するので避けるほうがいいでしょう。

喘息予防に役立つ食べ物

喘息は気道が炎症することで起こりますが、その炎症を抑えるためにはビタミンC・Eを積極的に摂るのがおすすめです。ビタミンCは、果物や葉野菜、大根、じゃがいもなどの根菜類に豊富です。ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類や緑黄色野菜などにも多く含まれます。古くから咳止め効果があるといわれている黒豆や銀杏、ユリの根なども喘息の改善に効果的です。しかし、銀杏を食べ過ぎると中毒症状を起こす懸念があるので、食べる量には注意してください。

特に、子どもに喘息症状がある場合、身体が丈夫になることで、喘息発作も自然と発症しにくくなるため、親は食べ物にも意識をするといいでしょう。

控えるべき食べ物

喘息患者が避けるべき食べものとして、代表的な食べ物に、グレープフルーツやメロン、キウイなど一部のフルーツ類があげられています。これらの果物自体にアレルゲン反応を示す人は喘息発作を悪化させてしまいます。特定のフルーツにアレルギー反応が見られる場合、生のフルーツだけでなく、ジュースも摂取しないように注意しましょう。

他にも、たけのこやサトイモは、気管支を収縮させる働きのあるアセチルコリンを含むので、人によって喘息を引き起こす場合もあります。

また、胡椒や唐辛子などの香辛料は気管を刺激しやすいので、これらのスパイスを多く使った料理は控えたほうがいいでしょう。

喘息の予防・ケアについての関連記事

喘息 サブテーマ

喘息の予防・ケア 記事ランキング

fem.リサーチ