スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

人間ドック

やっぱり受けるべき?人間ドックの有効性

更新日:2016/12/09 公開日:2016/01/21

堺浩之先生

この記事の監修ドクター

さかい医院 院長

堺浩之先生

この病気・症状の初診に向いている科
内科

人間ドックは30代以降、年齢を重ねると定期的に受けておいた方がよいといわれるのはなぜでしょうか?健康診断とは別に人間ドックを受けた方がいい理由と人間ドックの有効性やメリットについて説明します。

人間ドックを受ける目的やメリットについて説明します。

人間ドックを受ける目的

人間ドックは予防医学の観点から、定期的に検診を行うことによって将来病気になると考えられる要素を発見し、早期に治療し健康な生活を送り続けることを目的として行われています。検査項目も幅広い分野にわたっているため、総合的に体に異変が起きていないかを調べることができます。

病気の早期発見

多くの病気は自覚症状が現れないまま、徐々に進行していきます。特に生活習慣病である「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」「肥満」は無症状のまま動脈硬化を増悪させ、心血管・脳血管疾患の最大の危険因子となることがあります。そこで、人間ドックによって定期的に体の状態を検査することで、異常をいち早く発見し、診断や治療へとつなげます。

生活習慣病の予防

生活習慣病は多くの場合、食生活・運動・嗜好品(喫煙・飲酒)を中心とした生活習慣を正しく管理することによって十分に予防が可能とされています。人間ドックによる詳細な検査によって数値で健康状態の把握ができるため、生活習慣改善への意識を高めることができます。

人間ドックの有効性

人間ドックは、生活習慣病やがんなど罹患率が高く、症状がすぐに現れにくい疾病の発見に有効です。

人間ドックによって詳細な検査を行うことにより、がんなどの早期発見早期治療が重要な病気を早く見つけることができます。がんは初期の場合、自覚症状が現れないことが多いため、早期発見を行うためには人間ドックを利用した定期的な検診が効果的でしょう。しかし、すでに特定の病気が疑われる場合には人間ドックよりもその病気の精密検査を受ける方が適しています。

人間ドックのメリット

医療費の削減

病気は早期に発見すると治療も短期間で可能なことがあり、治癒率は高く、治療費用も安価で済むようになるケースがあります。

詳細な検査結果が得られる

人間ドックは会社で実施される定期健康診断や自治体で実施される特定健康診査よりも検査項目が多岐にわたります。特にオプションを含め、健康診断では受けることができないがん関連の検査項目が充実しており、がんの早期発見に欠かせません。また、希望に応じて検査項目を追加できるため、遺伝的素因の高い病気などのリスクをお持ちの方は重点的に調べることができ、リスク管理を行うことができるでしょう。

人間ドックの基礎知識についての関連記事

人間ドック サブテーマ

人間ドックの基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ