スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

人間ドック

服装はどうすればいい?はじめての人間ドックでの注意点

更新日:2016/12/09 公開日:2016/01/21

この病気・症状の初診に向いている科
内科

人間ドックをはじめて受ける場合、前日はもちろん、当日の準備や服装についても不安を感じ緊張しませんか?ここでは人間ドックを正しく快適に受けるために注意しておきたいことを説明します。

人間ドック受診前日、当日に注意すべきことを紹介します。

当日の服装の注意

人間ドックでは専用の検診着が用意されていますので、特に準備をする必要はありませんが、レントゲン撮影に備えて無地のTシャツを用意しておくとよいでしょう。また、検診の途中の待ち時間などに寒さを感じることもありますので、季節によっては簡単に羽織ることができるものを持っておくと便利です。

また、検査時にはアクセサリー類や湿布薬、磁気治療器などは外しておく必要があります。湿布薬などは終わったらすぐ貼れるように換えを準備しておくとよいでしょう。

前日、当日の飲食の注意点

検査内容によっても異なりますが、一般に人間ドックの前日の夕食後より飮食が制限されます。注意事項に記載がありますので事前によく確認しておきましょう。常備薬がある場合は事前に主治医に指示を仰いてください。

前日の注意点

基礎検診をベースとしたドックの場合、前日の夕食後より絶食、飲料は水のみなどという制限がありますので、受診前の注意事項に記載された内容を守ってください。アルコールは制限時間前でも摂取する場合は体内に残らないように少量にとどめてください。できれば前日は摂取を避けるのがおすすめです。前日の飲食について、詳しくは人間ドック前日の食事・飲酒に関する注意点をご覧ください。

当日の注意点

検査当日は絶食はもちろんですが飴やガム、タバコなども禁止となります。また、水分補給に関しては、検査の2時間位前までなら、少量の水を飲んでも構いません。

人間ドック受診時に気をつけるべき心構え

問診には正直に答える

人間ドックでは事前に問診票が用意されます。問診票の回答内容と検査結果を合わせてドクターが病気の可能性を判断しますので、正確な診断を受けるためには正直に回答を行いましょう。生活習慣に関する質問に関しては判定に影響する場合もあります。

検査前の指示はしっかりと守る

食事制限をはじめとした検査前の指示は守らないと正しい検査結果が得られなくなってしまいます。健康にもかかわらず異常数値を示したり、その逆が起こる場合もありますので必ず指示は守りましょう。また、万一指示から外れた行動をしてしまった場合には隠さずに申告するようにしましょう。

普段どおりの状態で受診する

人間ドックが控えているからと急に食生活を変えたりなどの対策を行い、よい結果をだそうとする人もみられますが、それでは現状の把握が正しくできません。検診前はなるべく普段どおりに過ごすようにしましょう。

人間ドックの基礎知識についての関連記事

人間ドック サブテーマ

人間ドックの基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ