スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

バセドウ病

バセドウ病の検査ではどんなことを行うの?

更新日:2018/05/24 公開日:2016/02/17

この病気・症状の初診に向いている科
甲状腺科

バセドウ病は甲状腺機能に異常が出る病気です。バセドウ病が疑われる場合、医療機関ではどのような検査を行うのでしょうか。バセドウ病の診断を行うための検査について、ドクター監修の記事で詳しく説明します。

甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、甲状腺の腫れや眼球突出などの症状をきたすバセドウ病。バセドウ病が疑われる際に行われる主な検査について解説します。

バセドウ病とは?

バセドウ病とは、甲状腺機能に異常が生じることで引き起こされる病気のひとつです。甲状腺はのどぼとけの下にある臓器で、全身の代謝を正常に保つ「甲状腺ホルモン」を分泌し、血中に送り出しています。

甲状腺ホルモンが過剰に分泌された状態を「甲状腺ホルモン亢進(こうしん)症」と呼び、バセドウ病はその代表的なものです。

バセドウ病は20~30代の女性に多く発症するケースが見られます。

バセドウ病には特徴的な症状が見られ、疲れやすさをはじめ、動悸や息切れ、微熱、発汗や手の震えなどの身体症状、イライラや集中力の低下などの精神症状のほか、甲状腺が全体的に腫れる「びまん性甲状腺腫」や眼球が突出したり上まぶたが腫れる「眼球突出」がよく知られています。

バセドウ病の基礎知識については『バセドウ病とは?病気の特徴について』で詳しく解説しています。

バセドウ病の検査

問診・触診

問診
自覚症状の有無とその程度、また、これまでにかかったことのある病気や家族の中に甲状腺の病気の人がいるかなどを確認します。
視診
眼球突出などの目の異常や甲状腺の腫れや手の震えなどを観察します。
触診
甲状腺腫の大きさや腫れ、また、硬さなどを調べます。

血液検査

甲状腺ホルモン検査
血液検査では、甲状腺内で作られる甲状腺ホルモンのT3(トリヨードサイロニン)やT4(サイロキシン)、また、遊離型甲状腺ホルモンのフリーT3(FT3)やフリーT4(FT4)を測定します。遊離型甲状腺ホルモンを調べる方が甲状腺機能の状態をより的確に把握できるため、診断や治療薬の効果を知るうえで役立つ検査です。
さらに、甲状腺ホルモンの合成を調整する働きをもつ脳の下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)も確認します。バセドウ病ではFT3やFT4は高値となり、TSHは低値を示します。
甲状腺自己抗体検査
血液検査で、甲状腺を刺激する甲状腺自己抗体のTSHレセプター抗体(TRAb)を調べます。バセドウ病の場合はTSHレセプター抗体(TRAb)が陽性になります。
画像診断検査
甲状腺超音波検査
超音波によって甲状腺の大きさや血液の流れ、また、腫瘍の有無などを調べます。

放射性ヨードを用いた検査

放射性ヨード摂取率検査
放射性をもつヨウ素である放射性ヨードを入れたカプセルを飲み、その後の甲状腺の放射性ヨードの取り込む具合をみる検査です。放射性ヨードの摂取率は甲状腺機能が正常な状態に比べ、バセドウ病の場合は高値を示します。
また、放射性ヨード摂取率検査は無痛性甲状腺炎との鑑別にも使用できる検査です。
甲状腺シンチグラム検査(ラジオアイソトープ検査)
甲状腺シンチグラム検査は放射性ヨード摂取率検査と同時に行い、ガンマカメラで撮影して調べる検査です。放射性ヨードのカプセル(アイソトープ)を服用し、アイソトープが甲状腺に集まる様子を確認します。
なお、甲状腺シンチグラム検査はバセドウ病か無痛性甲状腺炎か、甲状腺機能結節かを鑑別する検査です。妊娠中の人には胎児への影響を考慮して実施することはありません。そのため、妊娠の可能性がある場合は事前に医師に伝えるようにしましょう。

バセドウ病の治療

検査の結果、バセドウ病と診断された場合は、まず薬物治療を行うことがほとんどです。薬による治療で思うように結果が出ない場合や、強い副作用が起きた場合には、放射線治療(アイソトープ治療)や外科手術を行うこともあります。

バセドウ病の治療やその後については『入院や手術は必要?バセドウ病の治療』『バセドウ病って完治するの?』をご覧ください。

バセドウ病の検査・治療についての関連記事

バセドウ病 サブテーマ

バセドウ病の検査・治療 記事ランキング

fem.リサーチ