スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

不整脈

突然動悸が起こる?不整脈の症状

更新日:2018/05/29 公開日:2016/02/22

不整脈の症状である「動悸」「脱力感」「めまい・失神」について、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。すぐに受診する必要のある危険な不整脈の症状の特徴もきちんと理解しておくとよいでしょう。

不整脈の代表的な症状について詳しくお伝えします。注意すべき症状も知っておきましょう。

不整脈とは

不整脈には、脈が急激に速くなる頻脈や脈が遅くなる徐脈があります。動悸や息切れ、胸の違和感などの原因になったり、突然発生し、心停止や突然死などを誘発する場合もある不整脈も報告されています。次に不整脈の具体的な症状についてみていきましょう。

不整脈の症状(1)動悸

不整脈で脈が速くなると、ドキドキという動悸が起こります。動悸の感じ方は人それぞれですが、突然始まる動悸は不整脈の可能性があると考えてよいでしょう。ただし、不整脈でない場合にも動悸を感じる人もいます。

また、胸に不快感があったり、キュッと痛んだりすることもあります。不整脈が原因で起こる胸痛は狭い範囲に生じます。また、長くても数十秒で治まるのが特徴です。痛みが治まらない場合には、狭心症や心筋梗塞など他の病気の可能性があります。

不整脈の症状(2)脱力感

体力や運動能力の低下やだるさを感じるのも不整脈の症状です。脈が遅くなる徐脈性不整脈では、体を動かすとだるさを感じたり息が苦しくなったりします。

脈が1分間に40回に満たない状態で動作をすると息切れする場合は注意が必要です。脈が遅すぎて心臓に負担がかかり、心不全になっている可能性があります。

不整脈の症状(3)めまい・失神

極端に脈が速い頻脈性不整脈では、めまいや失神などの脳貧血症状を起こすことがあります。脈が1分間に240回にもなると心臓は十分な血液を送り出せなくなり、血圧が低下します。血圧が低下すると、吐き気や冷や汗といった症状が出始め、場合によっては失神することもあります。

反対に脈が極端に遅くなっても、めまいや失神が起こります。脈が遅すぎると心臓が数秒間止まってしまうことがあります。脈が5秒以上止まるとめまいを起こし、約10秒止まると失神や痙攣(けいれん)を起こすといわれています。

注意すべき不整脈の症状

次のような症状があらわれた際には医療機関を受診してください。

意識が突然なくなり失神する

一時的にではありますが、心臓が止まっている可能性があります。心臓を動かすのに必要な電気系統や電気の通り道に異常があって、正常に電気が送られていないと考えられます。

体を動かすと息切れやめまいがする

心臓を動かすための電気がうまく作られていないために、脈が遅くなっている場合があります。

動悸が突然起こる

心臓の動きが不規則になっている可能性があります。脈の速さが1分間に150回以上になる場合は特に注意が必要です。適切な診断を受けて、必要に応じて治療してください。

また、全身に血液を送る役割を果たしている心室に頻脈が起こると、心室細動という危険な不整脈になります。

不整脈の基礎知識についての関連記事

不整脈 サブテーマ

不整脈の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ