スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

糖尿病

スルホニル尿素薬(SU薬)とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

「スルホニル尿素薬」は、糖尿病の飲み薬の中でも、血糖値を下げる効果がもっとも強い薬ですが、その分、気をつけなくてはならない副作用もあります。ここでは、スルホニル尿素薬(SU薬)の特徴や副作用をドクター監修の記事で解説します。

糖尿病の薬物療法に用いられる「スルホニル尿素薬(SU薬)」について見ていきましょう。

スルホニル尿素薬(SU薬)の目的

糖尿病は、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が慢性的に高くなる病気です。通常なら、血糖値が上昇すると、すい臓から「インスリン」が分泌され、ブドウ糖が細胞に取り込まれてエネルギーとして活用されたり、余ったブドウ糖も、脂肪などとして蓄えられたりするので、血糖値が高い状態が続くことはありません。

ところが、糖尿病の人の場合は、インスリンの分泌量が少なくなっていたり、インスリンが効きにくくなっていたりするために、血糖コントロールがうまくいかず、高血糖状態が続いてしまうのです。

糖尿病の飲み薬には、いろいろなタイプがありますが、「スルホニル尿素薬(SU薬)」は、すい臓に働きかけて、インスリンの分泌量を増やすことで血糖値を下げる薬です。

スルホニル尿素薬(SU薬)の特徴

スルホニル尿素薬の血糖降下作用は、糖尿病の飲み薬の中でも、もっとも強力です。また、インスリンの分泌量を増やすことで血糖値を下げる薬は、他にもありますが、多くのスルホニル尿素薬は作用時間が長く、1日の血糖値を全体的に下げるという特徴があります。

服用時のポイント

スルホニル尿素薬にも、いくつか種類があり、作用の強さ・作用時間はそれぞれ異なりますが、作用時間の長いタイプは1日1回(朝食の前か後)服用、作用時間が短いタイプは1日2回(朝食の前か後、および夕食の前か後)服用するのが一般的です。

スルホニル尿素薬(SU薬)の副作用

スルホニル尿素薬は、作用が強力なため、ほかの糖尿病の飲み薬よりも、「低血糖」を起こしやすいという特徴があります。低血糖とは、薬が効きすぎて、血糖値が低くなりすぎた状態のことで、個人差はありますが、だいたい血糖値が50〜70mg/dL以下になると低血糖症状が現れます。

低血糖になると、まずは手指の震え、冷や汗、動悸、顔面蒼白、不安、空腹感などの症状が現れます。そして、さらに血糖値が低下すると、脳がエネルギー不足に陥り、頭痛、目のかすみ、めまい、嘔吐、眠気、集中力の低下といった症状が起こります。

低血糖の状態に注意したいこと

低血糖は、そのままにしていると、意識がもうろうとしたり、昏睡状態に陥ったりして、命を落とすこともあるので、大変危険です。あらかじめ医師に、低血糖が起こったときの対処方法を確認しておきましょう。

低血糖は、いつもより食事の量が少なかったり、食事時間が遅れたりすると、起こりやすくなります。食事は規則正しくとるようにしましょう。

また、スルホニル尿素薬を服用していると、低血糖気味になって空腹感が増すため、体重が増えやすい傾向もあります。肥満は糖尿病の危険因子の1つなので、服用する際は、食事療法を確実に行うことも大切です。

糖尿病に使われる治療薬(飲み薬)についてについての関連記事

糖尿病 サブテーマ

糖尿病に使われる治療薬(飲み薬)について 記事ランキング

fem.リサーチ