スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

足底筋膜炎

足底筋膜炎の症状について

更新日:2018/06/05 公開日:2016/05/23

歩行時に足の裏に痛みを感じたり、運動時ではさらに強く痛みを感じるなど、足底筋膜炎とはどういう症状が出るのか。疑いがある場合の対処法や似た痛みのある病気と区別する方法について、ドクター監修の記事で解説します。

激しい痛みが出ることにより、歩行や運動に支障が生じてしまうおそれがある足底筋膜炎。どのような痛みが出るのか、見ていきましょう。

足底筋膜炎とは

人が歩く際に、衝撃を吸収する役目を果たす足底筋膜の膜状組織に細かい断裂が生じ炎症を起こしてしまうのが足底筋膜炎です。激しいスポーツや過度の荷重がかかる状態が続いたり、加齢にともなう足底筋膜の力が弱まることで炎症を起こす症状が見られます。

足底筋膜炎の症状・痛みが発生する部位について

痛みが発生しやすい部位は、足底筋膜の付着しているかかとの前方部分がもっとも多く、ついで中央部の土踏まず部分、そしてつま先の付け根の順に足底筋膜の痛みが出やすいといわれています。

痛みが出るタイミング

足底筋膜が引き伸ばされるときに痛みが出ることが知られており、特に歩き始めるときや体重を加えたとき、立ち上がる瞬間など荷重が加わるときに痛みが生じます。よく、朝起きてからの最初の歩き出しに激しい痛みが起こることがあります。

また、歩くときよりも、走るときや飛び跳ねるときに痛みが強く出るので、スポーツを行うときに障害になることがあります。また、この痛みは特に歩行時などの蹴り出しのときに強い痛みを感じるため、日常の歩行動作がぎこちなくなり、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

痛みが感じられたら

足底筋膜炎の痛みが見られた場合は、安静と運動を休止し、整形外科医の診断を仰ぐなど、状態が悪化しないように配慮しましょう。基本的に足底筋膜炎の治療については、重症化を除き、保存療法を行います。

足底筋膜の炎症を軽減するインソールを装着した靴を履きリハビリを行ったり、医師の指導のもと、足裏やふくらはぎのストレッチ、マッサージ、テーピングなどを組み合わせ、治療を行います。

足底筋膜炎に似た症状が出る病気

足底筋膜炎に似た病気で足底線維腫という病気が知られています。足底線維腫は土踏まず部分に固く張った腫瘤(こぶ状に腫れたもの)ができます。足底線維腫は、歩く時に痛む、押されると痛むなど足底筋膜炎と似た症状が出ます。

足底筋膜炎かな?と思ったら

足底筋膜炎と似ている症状の病気が多数あるので、足裏の痛みが気になったら原因を特定するために専門医に相談しましょう。

その際、足の裏の痛みということで整骨院を受診される方もいらっしゃる方も多いかもしれませんが、整骨院はレントゲンなどの設備がないため検査ができないほか、内臓が原因となっている病気の判断を行うことができません。整形外科を受診することをおすすめします。

痛みの原因によっては詳しい検査を行わないと判明しない病気があるので、自己判断をせず、必ず病院で診断を受け、ドクターの指示に従いましょう。

足底筋膜炎の基礎知識についての関連記事

足底筋膜炎 サブテーマ

足底筋膜炎の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ