スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

味覚障害

味覚障害の検査法「味覚検査」について

更新日:2018/06/07 公開日:2016/05/20

味覚障害の治療に必要となる味覚検査について、ドクター監修の記事でお伝えします。味覚検査の基本となる「電気味覚検査」と「濾紙ディスク法」とはどのような検査なのでしょうか。また、味覚障害の治療と予防法もご紹介します。

味覚障害を治療するための、味覚検査について解説します。

味覚障害とは

舌を中心に存在している味細胞が受け取った情報を味神経が脳に伝え、その情報を味として認識しています。ところが、その仕組みのどこかに異常が生じると、食べ物に味がない、口の中がいつも苦かったりすっぱかったりする、甘味を感じられなくなった、料理の味付けが濃くなった、食事がまずいといった味覚障害の症状があらわれます。

味覚障害の原因は、亜鉛欠乏や舌苔(舌の清掃不良により舌の表面が白っぽく見える状態)、口の中の乾燥など多岐に渡ります。加齢やストレスによるものも多く、味覚障害を訴える人は増えてきました。まずは、原因を特定して、味覚異常の状態を具体的に把握することが大切です。

味覚検査の種類

症状などから味覚障害と診断されたら、原因に応じた治療を受ける必要があります。また、耳鼻咽喉科や専門外来で味覚検査を行うとよいでしょう。

味覚検査とは、味細胞の感受性を確かめる検査です。主に、電気味覚検査と濾紙(ろし)ディスク法のふたつの検査があります。

電気味覚検査

微量の電流で舌を刺激して味覚を感じる神経の反応を調べます。舌の前方、後方、上あごの後方の3か所を左右に違いが生じていないか確認していきます。また、脳から耳の奥、神経の末梢にかけて、どの部分に障害が起きているかを特定できる検査です。検査部位に器具をつけ、微量の電流を徐々に上げながら流していき、金属味を感じるかどうかを確かめます。

濾紙ディスク法

味覚の感じ方を調べる検査です。甘い、塩辛い、すっぱい、苦いといった4つの味をした溶液に浸した小さな紙を舌にのせます。そして、どの味質を感じるか答えてもらうのです。それぞれの味ごとに5段階にわけた濃度の違うものを用意してあるので、どの程度の味覚を感じることができるのか調べることができます。

味覚検査だけでなく、貧血やほかの病気の影響を受けていると考えられる場合には必要に応じて血液検査などを行うこともあります。

味覚障害の治療と予防

現在のところ、味覚障害そのものを治療する薬はありません。ただし、亜鉛製剤の服用が味覚障害に有効であることはわかってきました。味覚障害の治療では、亜鉛製剤の内服が一般的となっています。

日本人の食事は亜鉛を十分に摂取できていない傾向があります[1]。そのうえ、最近では亜鉛の吸収を妨げる働きのある食品添加物が使われている加工食品やコンビニ弁当などを口にする機会が増えていることが問題とされています。味覚障害を防ぐためには、食生活の改善が欠かせません。

また、服用している薬によっては亜鉛の吸収の抑制、唾液分泌の低下が起こり、結果として味覚障害が起きるケースも多くみられます。その場合は、原因となっている薬剤の減量や中止を検討する場合がありますので、治療中の病気を担当している医師に相談をしましょう。

参考文献

  1. [1]駒井 三千夫. 日本人における亜鉛摂取量の現状と摂取基準, 亜鉛栄養治療 2015; 6(1): 5-11

味覚障害の検査・治療法についての関連記事

味覚障害 サブテーマ

味覚障害の検査・治療法 記事ランキング

fem.リサーチ